2021年韓国ドラマ:私が選ぶベスト10&感銘を受けた名演技

韓国ソウル在住
ブロガーMisa
2021年に韓国で放送されたドラマについて、私が選ぶベスト10作品と感銘を受けた名演技について紹介します!

対象となる作品たち

2021年は、新作ドラマだけで約50作品を視聴しました(離脱含む)。その中から、完全に私の好みで、2021年放送の韓国ドラマ:マイベスト10作品を紹介したいと思います。

対象とするのは、以下の作品です。(旧作は含みません)

2021年に韓国で放送終了したドラマ(*)
⇒2020年に放送開始含む、1月1日終了の「袖先赤いクットン」まで含む
テレビ放送のないNetflixなど動画配信サービスオリジナル作品
1月1日に放送終了したクットンは、本来ならギリギリ対象に入らないのですが…2021年はクットンなしには語れない!ということで、そこは私の独断でランキング対象にいれました(笑)
私は、ヒューマンドラマ好き・ライトな作品より深い作品が好き・ファンタジー苦手・フュージョン時代劇なかなか刺さらないタイプなのですが、2021年はライトな作品も、ファンタジーも、フュージョン時代劇も一通りチェックはしました。
多分、みなさんがベスト10を観て「あの作品は入ってないの?」と思われるだろう作品も、おそらく観てはいるんですが、結果的にはこの10作品になっています。なので、私が苦手なジャンルがお好きな方は、少し物足りないかもしれません。
逆に、この10作品については、「いや〜もうね、この作品はね…」と一晩中語れそうです(笑)
あくまで、完全に私個人の好みということで、ご参考までに…!
2020年のベスト10はこちら
関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa2020年に韓国で放送されたドラマについて、私が選ぶベスト10作品と、2020年のドラマのトレンドについて振り返りをしてみたいと思います!ランキングの対象となる作品たち2020年[…]

私が選ぶ2021年ベスト10作品

1位:賢い医師生活2

2021年は韓国ドラマが大きく変化し、斬新な作品もたくさん出た1年でしたが、やっぱり1位はtvNドラマ「賢い医師生活2」!!!

2020年の1位にも「賢い医師生活シーズン1」を選びましたが、2021年もやっぱり最高でした。

特に今回はNetflixでの日本同時配信に合わせて、毎週1話ずつの解説記事を書き、多くの方にブログを知っていただくきっかけにもなりました。

このブログで一番多く記事を書いているのも、もちろんこの作品です。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa「賢い医師生活」関連の記事を一覧で紹介。どんな方向けの、どんな記事なのか?を整理しました。シーズン11)「賢い医師生活」概要・作品紹介[sitecard subtitle=関[…]

韓国の2021年Netflix年間ランキングでも、2020年に続いて圧倒的1位です。

賢医がやっぱり1位な理由は二つ。まずはなんと言っても、どんな斬新なジャンルにも負けない、普遍的なテーマと最高の完成度!!!

そもそも、1話ごとに、解説できるほど脚本・演出・演技が深く、完成度が高い作品はそうそうありません。見かけの平凡さにまどわされず、この作品の深さを味わえるようになったら、韓国ドラマが楽しくて仕方ないはず。

今年は特に、過去にヒットを飛ばした人気脚本家・監督の作品が軒並み失敗する中、イ・ウジョン作家&シン・ウォンホ監督のこの作品が変わらず愛されたのは、常にその時代に生きる”人”にフォーカスして緻密に作品を作り上げるコンビだからこそ。

そして2つ目の理由は、ドラマ本編にとどまらないコンテンツ展開、俳優・制作陣の視聴者とのコミュニケーションにより、他のどの作品よりも視聴体験が深いこと。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa「賢い医師生活シーズン2」制作発表会の映像から、印象的だった内容を中心にご紹介します! 「賢い医師生活 シーズン2」制作発表会「賢い医師生活 シーズン2」の[…]

視聴者はもちろん、演じている俳優・スタッフまで、関わる人達の作品への愛がこんなに溢れている作品を他に知りません。

一つの作品に熱狂的なファンが生まれ、様々なコンテンツ展開で収益が得られるモデルを目指す、コンテンツビジネスの観点でも一つのモデルケースとなる作品だと言えると思います。

日本ではNetflixで視聴可能です。まだ観ていない方は、是非ご覧ください〜!

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa韓国Netflixの2020年年間ランキングで1位の名作「賢い医師生活」。シーズン2のスタートを記念して、まだ見たことがない方向けに、その魅力を解説します!「賢い医師生活」と[…]

2位:袖先赤いクットン(赤い袖先)

2位は、昨日1月1日に最終話を迎えたMBCドラマ「袖先赤いクットン」。時代劇になかなかハマらない私が、下半期ドハマリした作品。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で現在6話まで放送中の「옷소매 붉은 끝동(袖先赤いクットン)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、キャスト・韓国での反応・日本での放送予定などを紹介していきます。[…]

1話から、よくあるフュージョン時代劇とは違う上質感を感じた作品でしたが、

期待以上の名作でした!!!最高視聴率は17.4%を記録。個人的には「太陽を抱く月」を超える作品だったと思います。

2021年は時代劇がたくさん作られましたが、その中で、視聴率も話題性も評価もNo.1の作品となりました。百想芸術大賞でも多くの賞にノミネートされるでしょう。

斬新な素材・ジャンルものが流行りだった2021年に、これまでも多くの俳優が演じ、取り上げられてきた正祖イ・サンの話。

しかも、決して制作費が豊富ではない地上波MBCで、まだスター俳優とは言えない若手二人の作品が、これだけヒットしたのは、「やっぱり大事なのは制作費や知名度よりも作品性(=脚本・演出・演技の完成度)」ということを証明したという点で、韓国ドラマ界にとっても大きな意味があったと思います。

私も改めて、もはや「ケーブル局だから面白い」「Netflixの制作費だからすごい作品が作れる」じゃないなあと感じました。

「袖先赤いクットン」については、また後日、その魅力を掘り下げる記事を書きたいと思います。

日本では楽天viki(*)で日本語字幕ついてきています。またはKNTVで「赤い袖先」という邦題で3月から先行放送です。

*楽天vikiについては、「楽天viki 視聴方法」で検索すれば詳しく紹介されています。少し複雑なのでネット系が苦手な方、どうしてもテレビで見たい・録画したい方はCSで見ることをおすすめします。

3位:ユミの細胞たち

3位は、TVINGオリジナルでtvNでも放送された「ユミの細胞たち」。これは本当に斬新な作品だった!!!

普段キャラクターものに全然惹かれない私が、グッズまで買ってしまったほどハマりました(笑)

実写の部分の共感しか無い男女の恋愛あるある、アニメの可愛さと深い世界観は、大人でも十分に楽しめるクオリティで純粋に面白くて最高に癒やされる!!!

個人的には、アニメの方の描写の斬新さと深さにハマりすぎて、ロスが凄かったです…(今の机の上には、細胞のグッズが沢山あります 笑)

この作品は、実写とアニメの融合が斬新で、これまた韓国ドラマの新しい表現手法に挑戦した名作だったと思います。

これをNetflix配信にしなかったのは、今年日本を始め海外に進出するTVINGの目玉コンテンツにしようというCJ ENMの戦略を感じます。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa2021年の韓国ドラマを取り巻く環境の変化と、韓国コンテンツ業界の今後の展開について、韓国国内で最新情報をウォッチしているドラマ好きの視点で分析・予想します。韓国ドラマの転換点と[…]

日本では楽天vikiで日本語字幕で視聴できます。おそらくCS放送はされず、TVING日本進出時に見られるようになるのではないでしょうか。

勧めて観た友人たちもみんなハマってたので、よほど恋愛ものが苦手な方でない限り、幅広い層におすすめできる作品だと思います!

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa日本でも配信が始まった「ユミの細胞たち」についてあらすじ・キャスト・見どころについて紹介します!「ユミの細胞たち」とは?韓国で2021年9月から放送された「ユミの細胞たち」。主演[…]

4位:五月の青春

4位は上半期にハマった、KBSドラマ「五月の青春」。「光州事件」という悲しく繊細な歴史を扱いながら、歴史考証に厳しい韓国視聴者からも高い評価を得た名作です。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で現在6話まで放送中の「오월의 청춘(五月の青春)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、キャスト・韓国での反応・日本での放送予定などを紹介していきます。「五月の青[…]

日本でも衛星劇場で初放送され、年末に最終話を迎えたようで、感動した方々のツイートをたくさん見かけました。

韓国では、最高視聴率は5.7%で大ヒットしたとは言えないのですが、ドラマ好きの人の間では名作と評価されました。

今年は、歴史考証問題で打ち切りになったり、論争になる作品が多かったですが、「歴史を正しく扱って、現代を生きる私たちにどうメッセージするべきか?」というお手本になるような作品。

ただ、だからといって重たく難しいのではなく、フレッシュで演技力のある若手二人のおかげで、ちゃんとラブストーリーとしても楽しめるキュンキュンポイントもあるのでご安心を。

「歴史だから重たそう…」と思って躊躇しているアナタ!素晴らしい感動が待っているので、是非今すぐ観てください!

イ・ドヒョン、コ・ミンシという若手二人の演技力が素晴らしく、歴史的事実をベースに丁寧な脚本・演出という意味で、「袖先赤いクットン」のヒットと通じるものがあるなとも感じます。

日本では現在、楽天vikiで日本語字幕で視聴できます。

紹介記事にも書きましたが、視聴前に映画「タクシー運転手」を視聴することをおすすめします。

関連記事

ソウル在住ブロガーMisaAmazonプライム・ビデオで見られる韓国映画の中から、実話ベースのオススメ作品を紹介します。韓国映画ならAmazonプライム・ビデオさて、最近Netflixを通じて韓国ドラマにハマ[…]

ドラマとしてはもちろん、韓国社会を理解する上で重要な現代史・光州事件と、それが韓国の人たちにとってどんな意味があるのか?を知ることもできる名作です。

「チョン・ヘインの作品(スノードロップ)、何であんなに揉めてるの?」と思っている方にこそ、是非こちらの作品の方を観ていただきたいなと思います。

5位:D.P.−脱走兵追跡官−

5位は、Netflixオリジナル作品として配信された「D.P.−脱走兵追跡官−」。2021年に配信されたNetflixオリジナル作品はキングダム以外は全部観ましたが、「D.P.−脱走兵追跡官−」がダントツの名作だと思いました。

韓国国内で、Netflixオリジナルの中で最も評価が高いのは「イカゲーム」でも「地獄が呼んでいる」でもなく、「D.P.−脱走兵追跡官−」。2021年のドラマ評価ランキングで、この作品が入っていないのは観たことがありません。

関連記事

韓国在住KdramaライターMisaNetflixオリジナルドラマ「D.P.−脱走兵追跡官−」の韓国での反応、作品を理解するための背景知識を、ネタバレなし・あり両方で解説します!「D.P.−脱走兵追跡官−」視聴後の感[…]

関連記事

韓国在住KdramaライターMisaNetflixオリジナルドラマ「D.P.−脱走兵追跡官−」の作品評価・キャスト・シーズン2に関する情報などを解説します!「D.P.−脱走兵追跡官−」の前半の記事(韓国での反応・知っ[…]

2022年の百想芸術大賞では、大賞をとってもおかしくない完璧なクオリティだったと思います。

「韓国の兵役の話」と思って倦厭している方。軽い作品ではないことは間違いないのですが、内容やメッセージ性は、どこの組織社会でも共通する部分があり、考えさせられる余韻が残ります。

男性の方にもオススメできる作品ではないかと思います。

日本でもNetflixで視聴できます。

6位:哲仁王后

さて、6位以降は、実は順番をかなり迷いました。5位までは迷いがなかったのですが、特に6位〜9位はかなり僅差です。

2020年12月から放送されて、2月に終わったので、2021年の作品である感覚ではないのですが、tvNで放送された「哲仁王后(チョンリンワンフ)」。クットンに続いての時代劇です。

韓国では「ヴィンチェンツォ」の前に同じ枠で放送され、「ヴィンチェンツォ」を超える大人気だった作品です。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で2020年12月から放送され大ヒットした「哲仁王后(チョルインワンフ)」の見どころ・キャスト・韓国視聴率などを紹介します!「哲仁王后(チョルインワンフ)」とは?「哲仁王后([…]

私もはじめ、時代劇ということで観てなかったのですが、当時周りであまりに話題なので追っかけて観始めて、ハマった作品です。

こちらは完全にフュージョン&コメディですが、やはり主役の二人の演技が素晴らしく、フュージョンであることを完全に逆手に取った演出が最高に面白かった!!

ファンタジーとフュージョン時代劇が苦手な私がハマるなんて…それだけユニークで面白い作品でした。

脚本家が、次の作品の歴史歪曲で問題となってしまったため、その余波をうけて、百想芸術大賞にはほとんどノミネートされなかったのが残念ですが、当時、面白い!と話題で大人気だったのを覚えています。

日本では衛星劇場で初放送され、「とにかく面白い」と観た方の満足度も高かったようです。これがもし、Netflix配信だったら、大盛りあがりだったと思います。

日本では現在、楽天vikiで日本語字幕で視聴できます。

7位:こうなった以上、青瓦台に行く

7位は、Wavveオリジナル作品の「こうなった以上、青瓦台に行く」。年末ギリギリに観始めて、面白すぎて一挙観してしまった作品。

テレビ放送がないオリジナル作品だからこそできる政治ブラック・コメディで、風刺が効きすぎてて本当に驚かされた斬新な作品!監督天才!

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisaWavveオリジナル「こうなった以上、青瓦台に行く」について、あらすじや見どころを紹介します!「こうなった以上、青瓦台に行く」とは?韓国国内の動画配信サービス、Wavve(ウ[…]

씨네21 という映画専門メディアが、映画評論家・記者・ライターなど30名を対象にとった「今年を輝かせた作品」アンケートでは、なんとD.P.やイカゲームなどを抑えて、堂々の1位を記録しています。

「イカゲーム」のように、普段韓国ドラマを観ない新しい層(特に男性)を開拓できる作品であり、これまでにない新しいジャンル・演出方法を開拓した画期的な作品です。

今のところ、日本で見る方法わかりませんが、今後、Wavveが日本進出した際には是非観てもらいたいです!(特に日本のエンタメ・メディア関係者の方)

8位:酒飲み都会の女たち

8位も、動画配信サービスTVINGのオリジナル作品「酒飲み都会の女たち」。こちらもテレビ放送はありませんでしたが、下半期の韓国では大きく話題になった作品。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa韓国で話題沸騰のTVINGオリジナルドラマ「酒飲み都会の女たち」について、あらすじや見どころを紹介します!「酒飲み都会の女たち」とは?韓国国内の動画配信サービス、TVIN[…]

「韓国人の友達が面白いって言ってた!聞いたことある」という方もいらっしゃるのでは。

この作品のおかげで、TVINGの新規会員数が4倍になったというほど大人気で、すでにシーズン2の制作が決定しています。

おそらく、韓国ドラマ歴が長い方にとっては、話題になってるNetflixオリジナルよりも、7位・8位の作品の韓国産動画配信サービスのオリジナル作品ほうが刺さると思います。

どちらも決してお金かかってないし、スター俳優が出ているわけではないのですが、とにかくよく出来た脚本・細かい演出・名演技で密度が濃く、完成度が高い!

こちらも日本で観られるのは、今年決定しているTVINGの日本進出のタイミングになるのではと思われます。

9位:怪物

9位は、JTBCで放送された「怪物」。2月に放送されたので、もうだいぶ前の作品のような気がしてしまいますが…。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で現在6話まで放送中の「괴물 (怪物)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、どんなドラマか?(キャスト・韓国での反応・日本での放送予定など)を紹介していきます。「[…]

視聴率は最高6%だったのですが、放送当初からドラママニアの間では話題になり、百想芸術大賞では、作品賞・脚本賞・男性最優秀演技賞を受賞し、2021年の授賞式の主役だった作品です。(視聴率に関わらず、しっかり評価されるのが凄いところ!)

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa2021年5月13日(木)に開催予定の、百想(ペクサン)芸術大賞のTV部門・ドラマ作品のノミネートと受賞を予想しながら、この1年の韓国国内でのドラマの人気について解説します!百想芸術[…]

サスペンスジャンルでは、最高峰と言える作品となったと思います。

日本でもちょうど2022年の1月1日から、Amazonプライムで配信されたので、ちょうど視聴中の方も多いかもしれません。

「怪物」を放送していた頃までは、とにかくサスペンス一色で、当時「怪物」には深くハマって台本集まで購入。

しかし、それ以降、私が大好きなヒューマンドラマや、斬新なオリジナル作品が多く誕生したため、結果的にランキング順位は下がりましたが、名作であったことに変わりはありません。

10位:イカゲーム

そして10位は、今年一番話題になったNetflixオリジナル「イカゲーム」。

ブログでも、「世界の評価ほど、韓国での評価は高くない」と辛口気味に書いたので、これが10位なのは意外と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisaNetflixオリジナルドラマ「イカゲーム」の世界的ヒットの理由を、韓国での反応も紹介しながら分析します!※内容には一部作品のネタバレになる部分も含まれますので、視聴済の方が対象[…]

私も、作品の深さや完成度でいうと、もっと好きな作品が沢山あるのですが、「イカゲーム」に関しては、これまで韓国ドラマが幅広い層に広まりにくかったマイナスポイントを見事に払拭したという点で、「そうか、こういうやり方があったのか」という、一つの正解を見せられたような斬新さがあったこと。

そして、韓国ドラマで初めて「明確に世界ヒットを狙った」作品として、その戦略が秀逸だったこと。韓国ドラマファンを増やしてくれたことへの感謝の意味を込めて、10位に選びました。

韓国コンテンツ業界においても、「イカゲーム以降」「イカゲーム以前」という言葉が使われるほど、業界を変える転機となる作品だったと思います。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa2021年の韓国ドラマを取り巻く環境の変化と、韓国コンテンツ業界の今後の展開について、韓国国内で最新情報をウォッチしているドラマ好きの視点で分析・予想します。韓国ドラマの転換点と[…]

ベスト10作品一覧

ということで、ベスト10をまとめるとこんな感じです!

1位 賢い医師生活2
2位 袖先赤いクットン
3位 ユミの細胞たち
4位 五月の青春
5位 D.P.−脱走兵追跡官−
6位 哲仁王后
7位 こうなった以上、青瓦台に行く
8位 酒飲み都会の女たち
9位 怪物
10位 イカゲーム
いや〜、2020年のランキングと比べても濃い!!!!(笑)どれも名作ばかり!!良いドラマがたくさん生まれた豊作な年だったと思います。
観ていただくと、どの作品も、脚本・演出・演技の完成度が高いことは前提として、これまでにない斬新さがあるか?というところが評価ポイントで、まさにそれは韓国でヒットするかどうかの重要なポイントでもあります。
逆に、俳優や制作陣の知名度は関係なく、話数、配信プラットフォームもバラバラ。
こうして観てみると、昨年に引き続き、Netflix配信作が少ない(10作品中3作のみ)。
私の周りでも、韓国ドラマを最近見始めた人はNetflixがメイン、ドラマ歴が長い人・コアにハマっている人は楽天vikiやCSがメインと、視聴方法や人気の作品が二極化している気がします。
これはなぜかというと、Netflix配信作=スター俳優起用の場合が多いことが影響していると思います。スター俳優が出演する=出演料が高いわけで、制作会社としてもその費用を賄うために、制作費の多くを事前に保証してくれるプラットフォームを選択します。
一方で、韓国国内では、いくらスター俳優や人気作家の作品でも、面白くなければヒットせず、まだ若手の俳優や、新人の作家の作品がそれ以上にヒットしたりします。
こういう韓国での真のヒット作は、Netflix配信でないことが多いため、それを好んで観るどうかで、日本でも視聴方法が二極化しているわけです。
ただ、2022年は、TVINGの進出により、日本でも韓国ドラマ=Netflixという時代に大きな変化があると思われます。
関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa2021年の韓国ドラマを取り巻く環境の変化と、韓国コンテンツ業界の今後の展開について、韓国国内で最新情報をウォッチしているドラマ好きの視点で分析・予想します。韓国ドラマの転換点と[…]

ランク外のお気に入りドラマ

トップ10には入らなかったけど、印象的だったドラマをいくつか紹介します。

ランキングで惜しくも11位だったのが、「このエリアのクレイジーX」。

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisaNetflixで配信中の短編ドラマ「このエリアのクレイジーX」の魅力を紹介しながら短編ドラマの可能性について考察します。「このエリアのクレイジーX」とは?韓国でkakaoの動[…]

1話30分という短編とは思えない密度・面白さで、当時すごく斬新で感銘を受けました。

カカオTVで配信され、現在Netflixでも視聴ができるので、是非、視聴をおすすめしたい一作です。特に「応答せよ1994」スレギファン、チョンウファンの方は必見!

続いて、「君は私の春」。作品としては、大人のラブストーリーに下手にサスペンスを混ぜてしまった脚本の構成はツッコミどころ満載なのですが、一つ一つのシーンやセリフは、歴代級の突出したものが多かった、長く記憶に残る作品となりました。

関連記事

韓国在住KdramaライターMisa「君は私の春(너는 나의 봄)」を観終わった私が、韓国での作品の反応、この作品の魅力と残念だった点や感想などを、ネタバレなし・あり両方で解説します!「君は私の春」の基本情報はこ[…]

オンユが歌ったOST「다정한 봄에게(優しい春に)」は、今年リピートしまくった曲の一つです。

そして、放送後により深くハマった「海街チャチャチャ」。

私はいつも脚本・演出の緻密さ、完成度を重視しているのですが、この作品については、細かいツッコミポイントはありながらも、時代のニーズを捉えた企画とキャスティングが大成功の良い作品だったと思います。ヒーリングドラマとして、幅広い人におすすめできる作品。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa「海街チャチャチャ」を観終わった方向けに、韓国での反応・視聴率・原作映画との違い・キャスト情報などを紹介します!「海街チャチャチャ」視聴後の感想2021年8月末から放送が始まり、[…]

私が選ぶ2021年感銘を受けた名演技

今回は、2022年の百想芸術大賞で演技賞を受賞する・してほしいという意味も込めて、その演技の素晴らしさにハマった主演級俳優を男優・女優それぞれで5人ずつ選んでみたいと思います。(順番には意味がありません)

男優編

イ・ジュノ(袖先赤いクットン)
イ・ドヒョン(五月の青春)
キム・デミョン(賢い医師生活)
キム・ドンウク(君は私の春)
ク・ギョファン(D.P.−脱走兵追跡官−)

いや〜5人選ぶの辛い(笑)

ジュノやキム・ドンウクがこんなに繊細な演技ができるとは…!そして、「賢い医師生活」でデミョン氏の大人の魅力にハマったのは私だけではないはず…!

「D.P.−脱走兵追跡官−」は、チョン・ヘインも良かったけど、映画「モガディッシュ」でも活躍が光ったク・ギョファンを入れました。(でもよく考えたら、ク・ギョファンも助演なのかも?)「その年、私たちは」を観終わると、ここにチェ・ウシクも入りそうです(笑)
ここに実は、サスペンスで大活躍だったイ・ヒジュン(マウス、キマイラ)も入れたいですが、微妙に主演ではないので外しました(助演賞に期待)
しかし、こうしてみると、声が魅力的で、繊細な感情表現ができる俳優が好きですね。ここに挙げたうち半分ぐらいは、実際に百想芸術大賞の最優秀演技賞にノミネートされるのではないかと期待しています!

女優編

チョン・ミド(賢い医師生活)
キム・ソヒョン(mine)
コ・ミンシ(五月の青春)
イ・ソンビン(酒飲み都会の女たち)
ハン・ソヒ(マイネーム)
「酒飲み都会の女たち」はイ・ソンビンだけじゃなくて、酒飲み仲間3人全員良くて、ハン・ソナ、チョン・ウンジも入れたいほどでしたが、やはりイ・ソンビンの超〜絶長い悪口が名場面すぎたので選択。
「mine」は期待したほどハマれなかった作品だったのですが、キム・ソヒョンの名品演技がとても印象的でした。
ハン・ソヒは韓国では、これまで「夫婦の世界」のイメージが強かったのですが、「マイネーム」で更に若手No.1の注目女優になったと思います。

早くも、2022年に次回作が始まる女優も多いので、百想芸術大賞のノミネートが発表される頃には、また候補や作品が変わっているかもしれません。

今、初主演ドラマ「一人だけ」が放送中の「賢い医師生活」のチュ・ミナ役のアン・ウンジンも、初主演と思えないぐらい本当に演技が素晴らしいので、ノミネートされてほしいなと思います(あとはドラマのヒット次第…!)

最後に

ということで、今年のベスト10と感銘を受けた名演技を選んでみました!完全に私の好みなので、ご参考程度に(笑)

2021年は、韓国ドラマが大きく変化し、新しい形の作品がたくさん生まれました。「何観ても主人公が警察官…」という時代がやっと終わり、嬉しい限り!!

また、クットンの紹介部分でも書きましたが、「ケーブル局だから面白い」という時代も終わったな〜と思っています。

Netflix配信作品の多くを制作しているtvNはまだまだ強いのですが、最近は、派手な割に完成度が物足りないと思う作品も多く、キャストや制作陣が豪華すぎると逆に心配になります(笑)

一方で、2022年は、地上波のラインナップも強そうなので期待しています。(こちらは堅実・演技派なキャスト、制作陣!)

ヒットメーカーが常に移り変わり、本当に良い作品を作れば、一瞬にしてスターが生まれるのが韓国ドラマの面白いところ!

2022年もますます面白くなりそうな韓国ドラマ。素晴らしい作品に出会えるように、そしてそれをいち早く皆さんにシェアできるように発信していきたいと思います!

HISオンラインロケ地巡り:アーカイブ視聴チケット発売中!

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa6月12日(土)にHIS旅カレッジさんとのコラボで「椿の花咲く頃」オンラインロケ地巡り:クリョンポ最新情報編を開催します!→イベントは終了しましたが、イベントの録画映像が7日間見られるア[…]

おすすめ記事

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa2021年の韓国ドラマを取り巻く環境の変化と、韓国コンテンツ業界の今後の展開について、韓国国内で最新情報をウォッチしているドラマ好きの視点で分析・予想します。韓国ドラマの転換点と[…]

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa2021年の百想芸術大賞のドラマ関連の結果を振り返りながら、この1年の韓国現地でのドラマのトレンドと、来年の見通しを分析します!受賞・予想結果一覧ドラママニアにとって、一年に一度[…]