春の昌徳宮(チャンドックン)&景福宮の見どころ・楽しみ方

韓国ソウル在住
ブロガーMisa
3月下旬〜4月上旬の昌徳宮・景福宮の様子と見どころポイントをご紹介します…!

昌徳宮(チャンドックン)とは?

ソウルにある歴史的な観光地の中で、私が最もお気に入りなのが昌徳宮(チャンドックン)の後苑(ふおん)!

こちらは夏の写真…!絵のようです><

関連記事

こんにちは、Misaです。韓国旅行で歴史的な場所に行きたいな〜という時に、景福宮と並んで候補に上がる昌徳宮(チャンドックン)。でも、意外と行ったことない方、多いんじゃないでしょうか。なんとなく、有名な景福宮だけ行って、「昌徳宮も同じ感じでし[…]

観光地で有名なのは景福宮(キョンボックン)ですが、私は断然、昌徳宮派で、友人が旅行に来たら必ず連れて行くのと、季節ごとに美しい景色を写真に収めに行きます。

関連記事

こんにちは、Misaです。以前、昌徳宮の楽しみ方をこちらで紹介しました。↓[blogcard url="https://onemore-korea.site/sightseeing/changdeokgung_181024/"]初めて[…]

ただ今まで、春の季節に行ったことがなかったので、今回は梅が満開だった3月23日、そして4月1日の2回に分けて行ってきた様子をここに記録しておきたいと思います。

昌徳宮の梅を楽しむ(3月下旬)

桜が開花する前の3月23日、昌徳宮の梅が満開だと聞いて行ってきました…!コロナで日本から友人たちが来ることもなくなってしまったので、行ったのは約1年半ぶり。

これまでずっと工事をしていた入口手前に、大きなチケット売り場とトイレができていました。

昌徳宮は、チケットを買えば自由に観覧できるエリアと、追加チケットが必要でガイドと一緒でないと回れない後苑があり、先ほどの美しい写真は後苑のもの。
ただし、紅葉の時期など人気の季節は後苑ツアーがすぐに満員になってしまいます。

この日もすでに後苑は売り切れ。ただ、お目当ての梅は自由観覧のエリアにあるようなので、この日はそこだけ見て回ることにしました。

ちなみに最近、◯◯宮という観光地はほとんど、チケットを買わなくても交通カード(T-money)で入れるようになっています。

満開の梅が観られるのは、入り口から7分ぐらい歩いた後苑の入口付近。

梅の木と朝鮮時代の建物のコラボが美しい…!

ピンクの花が春を感じさせます〜!

この見事な梅の花の前には、私のようなカメラ小僧がたくさん(笑)それぞれ大砲のような一眼レフカメラを持って思い思いに写真を撮っていました。

しかしこの時期は、天気も不安定なので満開かつ晴天のタイミングを抑えるのがなかなか難しい><

この日は実は満開を少し過ぎていたのですが、何とか青空と一緒に写真に収めることができました…!

この時、一部でしたが桜も咲いていました…!

春の昌徳宮の後苑(4月上旬)

そして約1週間後、ちょうどソウルの桜開花のタイミングで、今度は予約して昌徳宮の後苑に行ってきました!

なんと、先ほどの梅はすでに散ってしまっていてびっくり。ほんと、梅を見られるのは一瞬なんだな〜ということを確認。

この近くに、大きな桜の木(?)があり、花びらが舞っていたのが幻想的でした。(近くに立ち入れないのが残念)

この時は、後苑はチケットは必要なものの、ガイドツアーは行われず、自由観覧となっていました(集団で行動するのを避けるためかもしれませんね)

こちらが後苑の最初の見どころ、「チャングムの誓い」にも登場した芙蓉池(プヨンジ)。

こんなに人が居ないのは初めてで、ゆっくり写真を撮りました〜!

一枚の岩を削って作った不老門。ここをくぐると歳をとらないという言い伝えがある門です。

ここをくぐると、いつも必ず写真を取るのがこちらのスポット…!

ちなみに紅葉の頃はこんな感じになります…!(いや〜ほんと、絵のよう…)

更に奥に進んでいき…宮廷の人たちが、男性、女性に分かれて生活をしていた場所。

ここも風情ある写真が撮れるので好きなスポットです。

いつもならここで、ガイドさんが、この時代からオンドル(床暖房)が利用されていたことを説明してくれます。(←何回も聞きすぎて代わりにガイドできそうなほど記憶してます)

そして、いよいよ後苑最大の写真スポットへ…!う〜ん、春はちょっとさみしい(笑)

紅葉の頃は、こんな絶景になります…!

春にこの周辺でかろうじて見られるのはツヅジ。

そして途中に、韓国の春といえばおなじみのレンギョウ(개나리)もみられます〜!

3月下旬の韓国は、レンギョウも満開〜!

関連記事

こんにちは、Misaです。段々と暖かくなってきて、やっとカメラを持ってお出かけできる気候になってきました!とはいえ、まだ朝夕は肌寒く、桜の開花にはまだあと1週間ぐらいかかりそうなこの頃。そんな中、桜の開花より一足先に、見ごろを迎えているのが[…]

こちらは一番奥にある、玉流川(オンニュチョン)。王様と家臣たちが漢詩を読む歌あそびをした場所です。

後苑は、ほとんど桜の木などがなく、意外とちょっとさみしい感じ。そんな中でも春らしさを感じたこちらをパチリ(名前わかりませんが…)

逆に、木々に目が行く紅葉や夏の季節には気が付かなかった、建物の細部の美しさを再確認することができるのが、春の楽しみ方かもしれません。

なお、昌徳宮の詳しい行き方・後苑のチケットの予約方法やガイドツアーについては、こちらを参考にしてください。

関連記事

こんにちは、Misaです。以前、昌徳宮の楽しみ方をこちらで紹介しました。↓[blogcard url="https://onemore-korea.site/sightseeing/changdeokgung_181024/"]初めて[…]

春の景福宮の桜(4月上旬)

ということで、意外と昌徳宮に桜が全然なかったので、なんだか物足りない気持ちで、そのままお隣の景福宮まで足を伸ばしてみました…!

この光化門の前の門番の方々は、微動だにしないことで有名ですが、よく見たら、マスクも衣装に浮かないような朝鮮仕様になってる…!(しかもこれ、売店で売ってたw)

私が景福宮で一番好きな、慶会楼(キョンフェル) の前。池に建物が鏡のように映し出されるのがいつも美しい…!

そして、景福宮ではこの慶会楼を囲んで、美しい桜を観ることができます。

風が吹くと花びらが舞うのがとても美しくて、動画も撮ったりしながら、ゆっくり春の雰囲気を味わいました。

一方で、少し夏を感じさせるこの木も印象に残ったのでパチリ(名前がわからない…)

景福宮は、今でも少しずつ修復工事をしている最中なのですが、しばらく行かない間に、だいぶ工事が終わった印象を受けました。

このあたりは、おそらく新しく出来上がった建物。

韓国のこういう歴史的な場所は、建物がとてもカラフルなので、青空の日に来ると特に最高です…!

また日本の友だちを連れて来られる日が一日も早くやってきますように…!ということで、なんとなく縁起が良さそうな写真を最後に。

なお、景福宮は夜間観覧もおすすめです…!

関連記事

一度、行ってみたかった古宮の夜間観覧。今回ついに、景福宮(キョンボックン)の夜間観覧に行ってきました!しかも、事前にネットでチケットを購入しなければならない昌徳宮と比べて、景福宮はパスポートさえあれば、当日券3000ウォンで入れて、とっても[…]

まとめ

ということで、春の昌徳宮、景福宮の様子をご紹介しました…!3月下旬に訪れるなら、昌徳宮の梅、4月上旬なら景福宮の桜が見どころになりそうです。

実は桜に関しては、観光名所よりもむしろ、何でもない普通の道が桜並木になっているような桜の名所がたくさんあります。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa「スタートアップ:夢の扉」のロケ地の中から、1話で登場した桜並木(2か所)に実際行ってきました!美しすぎるロケ地の様子を動画付きで紹介します!①ダルミのおばあさんのお店前の桜並木[…]

私は、韓国に来て日本以上に美しい四季の移り変わりを感じられる場所が多いのに驚きました。

これまで、韓国旅行は買い物と食事がメインだった方も、一度ぜひ、桜や紅葉が美しい時期に合わせて来られて、こういった景色を楽しんでみるのもおすすめしたいと思います。

関連記事

こんにちは、Misaです。今日はホンデ近辺に在住の私がオススメする、綺麗で立地のよいホンデのホテルを5つご紹介します…!年間で何組も友人の韓国旅行をサポートするので、ホンデ近辺のホテルにはかなり詳しくなってきました。「ゲストハウスやエアビ[…]

関連記事

こんにちは、ソウル在住ブロガーMisaです。今日は、韓国旅行の際、空港から荷物を送る方法をご紹介します。おそらく「聞いたことはあるけど、実際使ったことはない」という方が多いのではないでしょうか?先日、遊びに来た友人が利用していたのですが[…]

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国旅行に行けない今、お家に居ながらネットで購入可能な、韓国旅行の定番商品・ソウル在住者おすすめの人気商品(お菓子・飲み物・お酒)を紹介します!韓国定番:お菓子まずは、お家に居る[…]

『愛の不時着』を倍楽しむ100以上のネタを詰め込んだnoteを公開中

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa今年「愛の不時着」に関して調査・考察したことをすべてまとめたnoteマガジン「不時着のすべて」を公開しました。「不時着のすべて」とは?今年『愛の不時着』を観た皆さんから、ブログにたく[…]

 

 

 

+4