ロケ地でも有名!壮大な草原で素敵な写真が撮れる/安城ファームランド

10月上旬に、安城ファームランドで開かれていたコスモス祭りに行ってきました!
以前、↓九里漢江市民公園で出会ったオンニと一緒に行ってきました。

One more Korea

韓国は日本が台風の間も、過ごしやすい気候が続いています。お出かけ日和!ということで、今日はちょっと遠出して、コスモス畑に…

ということで、コスモス祭りは2回目だったのですが、こちらのほうが規模が大きく、素敵な写真が撮れました!!

「ファームランド」ということで、日本のサイトでは動物がいるという紹介が多いのですが、実は、動物よりも壮大な草原と大きな木がとても絵になる場所で、ドラマのロケ地としてもよく使われているようです。弘大からは、地下鉄とバスでトータルで2時間ぐらいかかりましたが、日帰り可能です。

コスモス祭り

今年は、9月21日から10月28日までコスモス祭りが開催されていました。ただ、期間中も時期によってコスモスの満開具合が異なり、9月中だと早過ぎるようで、私が行った10月16日はちょうど満開の頃でした!

バスターミナルからさらにタクシーに乗って、到着。駐車場も大きくて、とにかく広い!(調べたら全体で39万坪、コスモス祭りが行われるのは2万坪分ぐらいの敷地のよう)

入場料は、12000ウォン。動物とこの広い敷地の管理だけでも、ものすごいお金がかかりそうですが、こんな料金で大丈夫なんでしょうか、、、

入り口を入ると、子供向けの遊具がたくさん!普段は、家族で来る場所のようです。そこからしばらく奥の方に歩いて行くと、「コスモスこっちですよ」の看板が。看板のイラストがすでに可愛くてテンションが上がります!

一面に広がるコスモス畑

まもなくすると丘が見えてきて、一面のコスモス畑!

九里と違ったのは、広くておおきな木があるので、大自然の中にいる雰囲気で写真が撮れること!(この日は、ちょっと曇ってて空が残念でしたが)

めーちゃくちゃ、広い!!!

こんな感じで、コスモスに埋もれた写真が撮り放題!

ほんと、木があるだけで雰囲気が変わります!

黄色やオレンジのコスモスも少しだけあります。

おなじみの写真スポットもいくつか用意されています。

空も少しずつ明るくなってきました。

ドラマのロケ地

ドラマのロケ地としてもよく使われるということで、こんな立て看板も。これは「九家の書」ですね。

調べてみたところ、他にもイ・ジョンソクの「あなたが眠っている間に」や「馬医」「紳士の品格」「パダムパダム」などなど、たくさんのドラマで使われたようです。

やっぱり、この大きな木が絵になる!(根元には可愛い小さなベンチが)

しかも、木は1つだけじゃなく。いくつかあります。

こういう道も素敵。広さが伝わりますかね〜!?

ススキもこんな背景で素敵に撮れます。

コスモス以外の植物

コスモス以外にも、他の植物もあります。

見どころが多くて、朝からいても全然飽きません!

こちら、見た目は地味なんですが、秋の雰囲気を醸し出していてコスモスをバックに撮ると素敵。(名前がわからないのですが)

夕方の景色の美しさ

そうこうしているうちに、あっという間に夕方になってきました。夕方になると、また全然違う雰囲気で写真が撮れました。韓国の夕日って、日本より大きい気がするのは気のせい!?

さっきの、見た目地味な子 笑 の魅力は、特に夕方から出てきました。↓これ結構お気に入りの写真!

うわ〜!!絵になる〜!!

こんな写真も撮っちゃいました。

動物たちのエリア

植物の写真を撮るのに夢中になっていたら、動物たちのいるエリアがあるのを忘れてました。笑
人より大きなダチョウや、馬、牛、豚、クジャク、トナカイなど、たくさんの種類の動物が広大な敷地で飼育されていました。

眠そうな?(いや、こういう顔か??)ヒツジくん。

豚〜〜韓国だと思わず「美味しそう」と思ってしまう 笑

うまく撮れなかったけど、サンタさんが乗るやつ!トナカイ!ツノが立派!

こちらの柵と夕日も、ロケでよく使われるようです。

牧場の横には、ハート形のオブジェ。夕方になると、とても写真映えします!

風車もあります。晴れの日はもっと絵になりそう!

おまけ:弓道体験

牧場エリアを過ぎると、突然こんな遊技場が。

私は、イ・ジョンソクのドラマ「W」の冒頭で出てきた射撃のシーンを思い出して(イ・ジョンソクが射撃の選手役でした)しまいましたが、これは射撃場ではなく弓道場。3000ウォンで、8本の弓矢がもらえて弓道体験ができます!

かなり距離があり、力がいるので、子どもには無理なのですが、なぜ突然ここに?!(お父さん向け??)私はここで、弓道初体験しました!なかなかできない体験なので、すごく面白かったです!(後日、腕にアザができたけど、、、笑)

まとめ

ということで、かなり広大な敷地で1日楽しめる、安城ファームランド。写真を撮りすぎて、初めてフル充電してきたカメラのバッテリーが切れました。笑

いつの時期に行くかによって、見られる景色は違います。今回はコスモス祭りでしたが、春や夏の時期に、祭りをチェックして行くと、また違った写真が撮れそう。

ちなみに、タクシーの運転手さんによると、このコスモス祭りの時期は、週末は人が殺到して大変とのこと。私たちは平日だったので、ゆっくり写真が撮れましたが、祭りに合わせて行く場合は、できれば土日を外して、せめて金曜日に行って見るのが良いと思います。

ソウルからの行き方

今回、私たちが行った行き方を紹介します。帰りのバスで、知り合ったオンニが、蚕室(チャムシル)からバスに乗ったほうが近いわよ〜と言っていましたが、乗り場などがわからないので、自分たちの使ったルートを紹介しますね。

まず、東ソウル総合バスターミナルがある、2号線の江辺(강변/カンピョン)まで行きます。(路線図の右下ぐらい、建大入り口から二つ下)
※「高速ターミナル」とは異なりますのでご注意。

江辺駅で改札を降りて右に行って横断歩道を渡ると、東ソウル総合バスターミナルがあります。

チケット売り場で、공도行きのチケットを買います。座席指定です。片道4500ウォン。

ターミナルの中には、大きなダイソーもあるので、私たちは待ち時間におやつのお菓子を安くゲットしました。

時間になったら、チケットの右側に書いてある、乗り場の番号(ここでは30)のあるところに行きます。始発なので、バスは10分ぐらい前から乗ることができました。

ちなみに、乗り場に行くと私は、あれ?ここ、韓国ドラマでよく出て来る場所では!?と何気に興奮。笑
(突然、主人公の恋人が何も言わずにどこか遠くに行ってしまい、恋人が必死になって追いかけてきて、このバスにも居ない、と探し回るシーンでよく見る!)

乗ったのは、安城(안성/アンソン)方面のこちらのバス。

予定は50分でしたが、途中で何度も停留所で人を載せつつ、1時間10分ぐらいかかって目的の공도に到着。(終点ではないので、事前に運転手のおじさんに教えてもらうように伝えたほうが良いです)

バスを降りると、降りた近くに横断歩道があり渡った正面、写真の青い丸のところが、帰りに高速バスに乗るバス停。右側の赤いところにタクシー乗り場があります。

ここから、タクシーに乗って、「ファームランド(팜랜드)まで」と言えば、15分ぐらいで着きます。なお、閉園までいるとタクシーが捕まらないことがあるので、行きのタクシーのおじさんに、タクシーの電話番号が書いてある名刺をもらったほうが良いです。(週末だけは、ファームランドからのシャトルバスがあるそうですが)

なお、私たちは、タクシーに乗る前に、先に帰りのバスの時間を確認しました。(確か、20時過ぎだったと思います)

ということで、見どころたくさんの安城ファームランド。是非一度行ってみてください!

安城(アンソン)ファームランド/안성팜랜드

  • 2号線 江辺駅 東ソウル総合ターミナルから高速バスで約1時間+タクシーで15分
    ※明洞から江辺までは27分。弘大からは36分
  • 開園時間10〜18時(2月〜11月は17時閉園)
  • NAVER情報(韓国語)
    3+
  • 最新情報をチェックしよう!