緑豊かな庭園に癒される!昌徳宮の楽しみ方

韓国旅行で歴史的な場所に行きたいな〜という時に、景福宮と並んで候補に上がる昌徳宮(チャンドックン)。ネットに情報はたくさんあるのですが、私自身、いまいち、他の場所との違いや楽しみ方がわからなかったので、行ってみて整理してみました!

どんなところ?

昌徳宮は、景福宮と同じく朝鮮王朝時代の「宮殿」があるとともに、特徴としては「宮殿のお庭」が一緒に見られる場所です。お庭は山の中にあるので「自然と建築物の美しい調和」が見どころ。
また、古宮で唯一の世界遺産です!

なので、特に紅葉が綺麗な秋の時期などは、景福宮よりも昌徳宮のほうがおススメです!

ただし、昌徳宮のポイントとしては、「宮殿のお庭」部分(後苑)が、1日数回のツアー(所要時間:90分)でしか周れないということ。この後苑を周るかどうか、で楽しみ方が変わってくるので、まずは「後苑」がどんな感じか?を紹介したいと思います。

後苑ツアー

後苑は、昌徳宮全体の中で言うと、この後ろの山に近い赤い部分。

この広大なエリアを、90分かけてガイドさんと一緒に周ります。日本語ツアーは1日1回なのですが、時間が合うだけで参加している日本語がわからない外国人も半分ぐらいいました。

結構な運動ですが、マイナスイオンたっぷりで、秋の時期はとても気持ちが良いです!

主な見所としては、まず、こちらの芙蓉池(プヨンジ)。

チャングムの誓いのロケ地でもあるそうです。私が行った時は、中央の池の水が干からびていて、ちょっと残念な感じでしたが、、池の周りの建物が素敵でした。

↓こういう池の周りの建物で、王様達が池を見ながら休憩を取ったのだとか。

↓こちらは、本が保管してあった図書館的な場所だったところ。この時期は青空と一緒に撮ると綺麗!

↓こちらは、一枚の岩を削って作った不老門。ここをくぐると歳をとらないという言い伝えがあるそうです。

そして、どんどん山の中に入って行くと、いろんな種類のお庭・池がたくさん楽しめます。ガイドでは、それぞれの建物や庭園の造られた意図や、歴史的背景を丁寧に説明してくれます。

個人的ベストショットはこちら!一枚の絵のよう!

紅葉の時期は、さらに空と紅葉と建物が本当に絵になるでしょうね〜。

↓こちらはお庭に作られた、岩の造形物。水が流れる道が作られています。ここに水を流して王様と家臣が遊んだとのこと。

後苑の出口付近。韓服を着たガイドさんの後ろ姿がいい感じで写ってます。

ということで、ツアーなので自由時間が限られるのですが、紅葉の時期は特に、ぜひ美しい自然の中のお庭を楽しむのがオススメです。(ツアーの詳細は、のちほど記載します。)

一般観覧エリア

ツアーなしで自由に観覧できる一般観覧エリア(「宮殿」部分)も、結構見所があります。景福宮より、外国人も少なくて、静かに落ち着いて見られるので、ここだけ見て周るのもオススメ。

地図の黄色の部分です。

景福宮より人が少なくて、写真が撮りやすいです。

よーく見ると、細かな装飾も絵になりますね。

こちらも後苑ほどではないですが、建物と自然の調和が美しい。

大きな宮殿の他にも、寝室として使ったような場所など、色々な種類の建物があるので、じっくり見ると1時間半ぐらいかかると思います。

グッズ売場が楽しい!

途中、カフェとグッズ売場が一緒になった建物が1つあります。

特にグッズ売場は、そんなに大きくないのですが、可愛いグッズがたくさんありました。

まず、こちらのハンカチ!9000ウォン。とっても上品な感じです。1つ1つケースに入っていて、お土産やプレゼントにも最適。

そして、手鏡も種類が豊富。こちらは18000ウォンで、高級な感じ。長く使えそうなので旅行の記念によいかも。

もう少しお手軽な値段の手鏡もあります。こちらは10000ウォン!ケースの柄まで可愛いですね。

↓そして、意外なアイテムとしては、こちら!何かと思ったら、なんとメガネレンズ拭き。3000ウォン。
スマホ画面や、カメラのレンズ拭きにも使えます。

日本でレンズ拭きだけ売ってるの、見たことないです。しかも、こんなに柄が豊富!これは結構おすすめです。

もちろん、文房具類も豊富です。こちらはクリアファイル 1500ウォン。

メモ帳やノートも柄が可愛くて、私も韓国語勉強用のノートと、外出した時のメモ用に小さいノートを買いました。なんて可愛いデザインなのかしら!

こんな感じで、グッズ売場はおススメです!ぜひ立ち寄ってみてください。

チケット入手困難な夜間観覧

なお、この昌徳宮では、8月から10月末まで夜間の特別観覧ができます。
こちら、月光の後苑がとても美しいということで、韓国人にも大人気のイベントです。
チケットは事前にインターネットで販売しているのですが、人気すぎて入手困難な状況です。

オークションサイト(外国人向け)/昌徳宮・夜間特別観覧「月灯り紀行」

チケットは3000円くらいなのですが、コネストだとそれに食事をつけて6000円くらいで販売しており、それであればチケットを取れる可能性があります。(ただし、申し込みは2名以上)
もし、どうしても行きたい!という方は、コネストから申し込んでみてください!

Konest 昌徳宮・夜間特別観覧「月灯り紀行」(食事付き)

観光時のポイント

というわけで昌徳宮では、「後苑(お庭)」「一般観覧エリア(宮殿)」「グッズ」がポイントです。が、実際に旅行で行くとなると、所要時間やツアーの時間なども重要だと思います。

①後苑
ツアーでしか入れません。なので、時間優先で言葉がわからないツアーに参加する人外国人も多いです。日本語ツアーの時間が難しければ、英語ツアーに参加するのもよいと思います。

★後苑ツアー(所要時間:90分/5000ウォン)
日本語(1日1回)13:30 のみ
英語(1日4回)10:30,11:30,14:30,15:30
※15:30は2〜11月のみ。
※事前に公式サイト(英語)から、予約も可能。現地で申し込みも可能。(サイト上部のメニュー”Tour reservation”から予約できます。)

私は、事前予約していきました。ネットで予約だけして、当日チケット売り場で見せると、その場で一般観覧エリア+後苑ツアーの支払いをする流れになります。
なお、ツアーから参加の場合、チケット購入で並ぶ&入り口から後苑まで遠いので、最寄り駅には、遅くともツアー開始の45分前くらいには着いておくのが理想です。

②一般観覧エリア
こちらは、入場券3000ウォンで自由に周れます。ゆっくり見て周ると1時間半くらい。景福宮ほど広くはありません。
こちらも毎日11:00~の日本語ガイドツアーがあるようです。

③グッズ
一般観覧エリア内にあります。

オススメの観光プラン

これらを踏まえて、おすすめの観光プランはこんな感じです!

1)時間に余裕がある場合(11:00~16:00終了)
一般観覧エリア(11:00の日本語ガイド)⇒後苑ツアー参加(13:30の日本語ガイド) ⇒ グッズ
※朝ごはん多めに食べておく

2)午後だけプラン(13:30~17:00)
後苑ツアー参加(13:30の日本語ガイド)⇒一般観覧エリア(ガイドなし) ⇒ グッズ

3)コンパクトに済ませたい場合(所要時間2時間)
一般観覧エリア(ガイドなし)⇒グッズ

なお、今回は紹介していませんが、後苑の入り口の右には、「昌慶宮(チャンギョングン / 창경궁)」という離宮の入り口もあります。こちらは別途チケットが必要ですが、自由観覧が可能です。

1日使って、朝鮮時代の宮殿を味わい尽くす!という方は、ついでに行ってみてください。(私は、午後だけプランの順番で、最後に昌慶宮めぐりまでしましたが、ちょっと時間足りなかったので、どちらも観るなら、朝から行ったほうが良いと思います。)

Konest記事:昌慶宮

↓ 昌慶宮はとても広いです!

昌徳宮(チャンドックン)/창덕궁

  • 3号線 安国駅 3番出口から徒歩5分
  • NEVER地図
  • 観覧は9:00~可能で、終了は17:30~18:30の間で、時期によって異なります。
    ※観覧時間などの詳細は、Konestでご確認ください。
  • 4+
    最新情報をチェックしよう!