ススキと空が絵になる!素敵写真スポット/ハヌル公園

ソウルの中心部から行きやすいハヌル公園で、10月中旬からススキ祭りが開かれています。韓国人の間でも大人気!ということで、人混みを避けて、ススキ祭りが始まる直前の平日に行ってきました!

「え、ススキって美しいの?」と、侮ることなかれ。ハヌル公園のススキ畑、半端ないです。めちゃめちゃ素敵な写真が撮れる、 インスタ映えスポットなので、紹介したいと思います!

こちらは、2018年の記事です。2019年のススキ祭りは10月18日〜24日の予定です。

秋の青空とススキの相性が抜群!

ここの公園の魅力は、なんといっても「空が近いこと」。その名前の通り「空に一番近い公園」と言われています。最初に結構上まで登るので、ススキをはじめとした植物と空の距離が近い。なので、天気が良い日だと、こんな写真が撮れちゃいます!

1日の中でも、雲の量や日の照りかたがどんどん変化するので、いろんな写真が撮れます。

夕方になると、また違う雰囲気に。

撮影スポットがたくさん!

さらに毎回感心する、韓国ならではの写真を撮りたくなる工夫が、こちらの公園にもあります。

↓こちらは「めっちゃ好き」「愛してるよ〜」などのメッセージボード日本語だと気恥ずかしいメッセージもハングルだとなんか絵になりますね。空と撮るといい感じ!

ススキは量が半端なくて、こんなかんじで一面、ススキ畑になっています。

写真は、比較的広い通り道を撮影したものですが、ススキに囲まれた素敵な写真が撮れるように、ススキの中に入れる小道があります。みんな人の背丈より高いススキの中で、様々な写真を撮りまくっています。若いカップルも多くて、インスタにあげてる人も多いみたいですね。

背丈が高いススキに埋もれて、秋らしい空をバックに写真を撮れます。

さらに、こちらはススキの中に、木で出来た小さな小屋みたいなものがたくさん立てられているエリア↓(ほんと、ススキの中に、これを立てようという発想が素晴らしいなあ)

私は、うまく撮りきれなかったんですが、夕方になるととても絵になるので、プロっぽいカメラを持った人もたくさんここで写真を撮っていました。

そしてこちらは、ハヌル公園の象徴の籠型のオブジェ。登るとさらに高いところから全体を見渡せます。

こんな何気無い標識も、ハングルだとなんかカワイイんだよな〜(デザインもカワイイし)

ススキ祭り情報

もうすぐ終わりますが、2018年の祭りの情報を書いておきます。

ハヌル公園 ススキ祭り/2018年 10月12日~18日まで(6日間)
ライトアップされたススキ畑の美しい夜景が22時まで観覧することができます。またハヌル(空)階段の月光ライト、情緒あふれる提灯の明かり、週末の夜間文化公演など多様な見どころが催されます。

月明りのススキ畑も素敵そう!私は混雑を避けて、あえて祭りの前に行ったのですが、次は祭り期間の平日に夜も行ってみたいです。

ちなみに、ここにあるススキは、正確に言うと、ススキ(억새)と、アシ(갈대)の2種類があるそうです。韓国人の友人たちが、人によって使う単語が違うので、なぜかな~と調べていたら、両方ともススキの種類ではあるようです。

参考:アシ(갈대)とススキ(억새)、区別つきますか?(グリーン韓国語学院)

カラフルな写真映え植物も充実

メインのススキ畑以外にも、カラフルな写真映え植物が沢山あります!

まずは、秋といえば韓国ではおなじみのコスモス。

他の場所のコスモスと比べると、ちょっと背が低めですが、このコスモス畑の前でテレビ局のYTNが、お天気お姉さんと一緒に撮影の準備をしてました。夕方のニュースで流すんでしょうね。

それから、こちらの色とりどりのモフモフ植物!笑(名前確認し忘れた。。)

写真映えしやすいので、みんな写真撮ってました!休憩所小屋のオブジェも素敵。

そしてこちらは、핑크뮬리(ピンクムリュリ)という植物!日本だとミューレンベルギア・カピラリスと呼ばれ、ガーデニング用の草花とのことです。ふわっとして、ピンクのススキって感じです。

これ、実際見ると、ふわふわしてるし「うわ〜可愛い!」と感動するのですが、色が薄いので写真に収めるのは結構難しい。。

他の公園でも見かけたので、韓国の秋の植物としては人気のようです!

オススメの時間帯と所要時間

というわけで、ススキはもちろん、色とりどりの植物も沢山あって、空とのコラボで素敵な写真が撮れちゃうハヌル公園。

時間帯によって全然趣が変わるので、時間があれば昼から夕方まで。時間が限られて居る場合は、午後3時ごろから5時ごろまで居ると、いい写真が撮れると思います。

紹介したところを、ちゃっちゃと早めに全部周ると2時間ぐらい。駅から公園までたどり着くのに30分はかかるので、短くても3時間ぐらいは必要。できれば、午後いっぱいは時間の余裕があると良いです。

ちなみに、10月の中旬のススキ祭りが開かれている間の週末は、超大混雑!私は、ススキ祭りの始まる前の平日に行きました。
旅行で来られる方も、この時期は土日は避けて、金曜日などに来るのがオススメです。

場所と駅からの行き方

ハヌル公園は、地下鉄6号線の「ワールドカップ競技場」駅にあります。弘大からだと14分、明洞からだと27分、ということで、こういう公園の中では比較的行きやすい場所です。「ワールドカップ公園」の中に「ハヌル公園」があります。

こちらがワールドカップ公園の全体像で、黄色いエリアがハヌル公園。青色がワールドカップ競技場で、駅は赤い線のふもとあたりにあり、赤い線の道順で歩いていきます。

地下鉄の1番出口を地上に上がると、右手に大きなHomeplusがあります。Homeplusの建物に沿って、出口をでた進行方向にまっすぐ進んで、大通りに出ます。

大通りに出たら、右に曲がって真っ直ぐ進み、右手のワールドカップ競技場を通り越したあたりで、左側に渡って進んでいくと、入り口があります。

公園の入り口から公園までは、歩いて階段を上るルートと、チケットを買ってトラックなようなものでおじさんに連れて行ってもらう方法があります。

↓赤いところが階段です。確か300段ぐらいありましたが、見た目よりはしんどくないです!笑

ちょっと息はきれますが、いい運動!

途中で上からの眺めやいろんな種類の植物を楽しめるので、階段がオススメです。特に帰りは、降りるトラックの行列ができてるんですが、降りるのはしんどくないので階段で十分かな〜。

おまけ:カメラ仲間のオンニ

今回、こちらの公園には、以前、九里のコスモスを見に行ったときに出会った、

One more Korea

韓国は日本が台風の間も、過ごしやすい気候が続いています。お出かけ日和!ということで、今日はちょっと遠出して、コスモス畑に…

カメラ仲間のオンニと出かけました。(実は前の写真の階段を上っている後ろ姿がオンニです。笑)

他の公園に行こうとしていたのですが「今は、ハヌル公園が良いわよ〜」と教えてくれて、天気の良い平日を選んで出かけました。アクティブにあちこちお出かけするのにとても慣れているので、事前に飲み物や食べ物、休憩用のシートやカメラのレンズ拭きまで、ぜーんぶ用意して来てくれました。お互いの写真も撮りあって、とても楽しかったので、また定期的に色々お出かけする予定です!

というわけで、紅葉が本格化する前の韓国の9月、10月はススキやコスモスを観に行くのがおススメ。
秋に旅行に行かれる方で、素敵な写真を撮りたい方は、ぜひ行ってみてくださいね。

ハヌル公園/하늘공원

  • 9号線 ワールドカップ競技場駅 1番出口から徒歩7分(入口のふもとまで)
  • Konest記事
  • Konest地図
5+
最新情報をチェックしよう!