「SKYキャッスル」韓国での評価・視聴率・話題になったこと

韓国ソウル在住
ブロガーMisa
名作「SKYキャッスル」について、これから観る方向けの情報と、見終わった方向けに韓国での評価・話題になったこと・作品を深く楽しむための関連情報を紹介します!

大ヒットドラマ「SKYキャッスル」

2018年11月から韓国のJTBCで放送された「SKYキャッスル」は、最高視聴率23.7%を記録し、当時「トッケビ」が持っていたケーブルTVドラマの最高視聴率を更新した大ヒットドラマ。私も、名作だと評価している作品の一つです。

SKYとは、韓国のトップ大学、S=ソウル大、K=高麗(コリョ)大、Y=延世(ヨンセ)大を表す言葉。日本でいうと、東大・早稲田・慶応みたいなイメージでしょうか。
この作品は、韓国の社会でも上位0.1%に位置する上流階級の家族たちが住む「SKYキャッスル」という高級住宅街で繰り広げられる、受験戦争をめぐる物語。
日本でも、数ヶ月前からNetflixで視聴が可能になったようで、視聴する方が増えているようです。
この作品、脚本と役者の演技力が突出していて、日本人が見ても十分に楽しめるのですが、SNSを見ていて感じたのは、日韓で視聴者が注目したポイントや評価が微妙に違うということ。
今回は、まず前半ではこれから観る方に向けて、ネタバレなしでSKYキャッスルの見どころや視聴率・受賞結果などを紹介。
後半では、ネタバレありで、どこまでがリアルなのか?といった点や、韓国の視聴者がこの作品をどのように見たのか?特に、日韓で大きく違う結末の評価などについて、まとめてみたいと思います。

「SKYキャッスル」は現実的?非現実的?

こちらが「SKYキャッスル」の日本版の予告編。

「SKYキャッスル」をまだ見たことのない方の中には、こういったイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。

昼ドラみたいに非現実的で、ありえない事が起きてドロドロする感じの作品でしょ…?

確かに描き方は、刺激的ではあるのですが(役者の演技がうまいので余計に)、「SKYキャッスル」はユーモアを交えながらも鋭く社会問題に問いを投げかける、リアリティとメッセージ性を兼ね備えた作品です。

日本の視聴者の方で、SNSで「パラサイトと似た部分がある」とコメントしている方がいましたが、それも一つの表現かもしれません。
展開に一気に引き込まれて、時にはブラックコメディ的要素もありつつ、最後は考えさせられる感じ

また、

韓国ならではの受験戦争を描いたドラマなんでしょ…?
という声もよく聞かれます。扱っているテーマは、たしかに韓国の熾烈な受験戦争なのですが、作品が伝えようとするメッセージは決して、韓国人でなくても、また受験生を持つ親でなくても考えさせられるものです。
ここ最近の韓国ドラマが、あらゆる形で表現しようとする「人生の成功とはなにか?」「自分の人生をどう生きるのか?」というテーマが、SKYキャッスルの根底にもあります。
もし、「ドロドロしてるのはちょっと…」と思って倦厭していた方、最初の数話だけを見て、昼ドラ的なものだと思った方、前半のセレブの妻たち感じにいまいち共感できずに途中で辞めたがいたら、まずはぜひ中盤ぐらいまで見進めてみてほしいです。
「秘密の森」シリーズのユン・セアさんも出演
ちなみに私は「SKYキャッスル」はどちらかというと中盤からぐっと引き込まれた感じでした。
後半になるにつれて、単に刺激的な展開が続くだけではなく、作家がドラマに込めたかったメッセージ性が色濃くなっていきます。

「SKYキャッスル」驚異的な視聴率上昇

「SKYキャッスル」が、観始めたら止まらなくなる中毒性があるドラマであることを示しているのが、韓国での視聴率の推移。

1話は1.7%だった視聴率が、右肩上がりに上がっていき、最終話ではなんと23.8%という驚異的な上昇を記録しました。

私もブログで様々な作品の視聴率を紹介していますが、ここまで初回から視聴率が上がった作品は他に見たことがありません。

ちなみに韓国の放送では全20話ですが、日本では配信媒体によっては30話以上に細切れにされているようです。

※話数の多さで観るのを躊躇している方、元は20話なので、1話ずつは50分前後の短めになっていると思われます。

「SKYキャッスル」受賞歴とキャスト

「SKYキャッスル」は、2019年に全放送局のドラマの中から選ばれる百想芸術大賞にてTV部門演出賞を受賞。
*脚本、作品賞をとってもおかしくない話題性でしたが、同年はこれまた名作の「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」が脚本・作品賞を獲った年でした。

俳優では、イェソ役のキム・ヘユンが新人賞を、

チャン教授役のキム・ビョンチョルが助演賞を、

主役のイェソ母を演じたヨム・ジョンアが最優秀演技賞を受賞しました。

韓国でも特に絶賛されたのが、俳優たちの演技。「演技の穴が一人も居ない」というぐらい、助演の役者まで全員が安定的な演技力でドラマを盛り上げました。

いわゆるスター俳優が居なくても、初回視聴率が1%でも、本当に面白くて上質なドラマであれば、しっかり評価されるのが韓国ならでは。

そして、このドラマに出演した若手俳優たちは、その後、ぞれぞれ大人気になっています。

双子のソジュン役を演じたキム・ドンヒは、その後「梨泰院クラス」でもブレイクし、「人間レッスン」では主役に抜擢。

関連記事

ソウル在住ブロガーMisaNeftlixオリジナルドラマ「人間レッスン」をこれから観る人のために、見どころ・韓国での評判・感想などをご紹介します。「人間レッスン」とは?2020年4月29日から世界同時公開中の[…]

同じく双子のキジュンを演じたチョ・ビョンギュは、「悪霊狩猟団 カウンターズ」で今、最もホットな若手俳優に。

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国でヒットを記録した「悪霊狩猟団 カウンターズ(原題:驚異的な噂)」が1月31日から日本のNetflixでも公開されます。これから観る方向けに、作品のあらすじ・みどころ・韓国でヒットした理[…]

「悪霊狩猟団 カウンターズ」でチョ・ビョンギュの同級生役を演じたイ・ジェウォンも出演しています。

なお、制作発表会で、監督が「特にこだわった」と話していたのが、表情演技。

ディテールまで名俳優たちとこだわって作り上げた各シーンは、演技も演出も視聴者を唸らせる水準。

予告編では、刺激的なシーンが使われるので一見、昼ドラみたいな印象を受けるかもしれませんが、このドラマの面白さは派手なシーンよりも、各キャラクターが抱える心の闇を描く繊細な演出や、メッセージが込められたセリフにこそあります。

俳優たちの素晴らしい演技力と、視聴者を夢中にさせる中毒性、それでいて社会問題に問いを投げかける深いメッセージ性を兼ね備えた韓国ならではの名作「SKYキャッスル」、まだ見ていない方は、是非観てみてください!

※※以降は、ドラマを観終わった方向けの内容になります。完全にネタバレありの内容ですので、まだ観ていない方はここでページを閉じてくださいね。※※
「椿の花咲く頃」「賢い医師生活」キャストインタビューが満載!

「SKYキャッスル」どこまでがリアル?(以降ネタバレあり)

「SKYキャッスル」で描かれたことは、どこまでがリアルだったのでしょうか…?ここからは、ネタバレありで韓国で当時話題になったことを振り返ってみたいと思います。

放送終了後のオフショット(イェソ家族編)

「SKYキャッスル」に登場するような家族は、ドラマの設定の通り、上位0.1%しか存在しない超セレブ層ということで、一般的な家族とはかけ離れた存在ですが、ドラマの中に登場した設定には、実はかなり実話をベースにしたものが含まれていました。

まず、学校の試験問題流出については、2018年に淑明女子高等学校で実際に起った事件をモチーフにしていると言われています。

校内で権力を持つ教務部長の双子の娘が、それぞれ文系と理系で全校1位の成績を取りましたが、実際は母親が問題を入手し、答えを娘たちに教えていた事が発覚した事件。

これにより、教師の親と子供が同じ学校に通えない制度が作られるなど、大きな話題となった事件でした。

また、ドラマでセリがハーバード生を偽っていた設定。「そんなことってあり得るの!?」と思いましたが、これもなんと、実際にあった事件をモチーフにしたんだそう…!

実際には似たような事件いくつかあり、複数を組み合わせてモチーフにしたのではと考えられますが、ドラマの設定と近いのは、2007年に起きたスタンフォード大学での事件。

韓国人学生が8ヶ月間、学生のフリをしてキャンパスの寮で生活をしていましたが、大学でアルバムを作ることになったときに偽学生であることが発覚したというセリの設定とかなり近い事件が実際にあったのです。

実際の事件でも、セリと同じように親や周囲からの名門大学進学に期待する重圧に耐えられずに、そのような嘘をついてしまったと言います。なお、海外の名門大学では、韓国人学生に限らず、結構こういう事件が起こるんだそう。

また、ドラマの中で描かれた、勉強のストレスで万引きをする子どもたち。

こちらも、ドラマ放送後に、ある番組でコンビニの店主がインタビューに答え「実際にある話」と語っていました。

万引きは一例として、受験や勉強の過剰なストレスは、様々な形で子どもたちの心に影を落としているといいます。

ドラマを観たほとんどの韓国視聴者にとってSKYキャッスルの住人のような生活は「未知の世界」ですが、ドラマで描こうとした受験戦争や、自分が叶わなかった夢を子どもに託す親の様子などは、とても身近なものであり、考えさせられる内容であったと言えます。

韓国では、ドラマが大ヒットとなり「あれは実話なのか?」ということで、実際のセレブママや、入試コーディネーター、精神分析学者などにインタビューする番組や記事が多く出ました。

衝撃的だったのは、セレブママがインタビューで「SKYキャッスルで描かれているのはまだ甘い」と話していたこと。

ドラマで、イェソママが、ヘナが生徒会長を辞退するように仕向けるシーン。「実際そういうことはありえますか?」という質問に、セレブママは、「それぐらい、なんてことない。実際はドラマよりもっと過激なこともありました」と答えていました。

インタビューを受けてやや誇張して話しているのかもしれませんが…ひぇ〜〜〜

ちなみに最近、日本でも「SKYキャッスル」を彷彿とさせるような事件の報道がありましたね。医学部進学を9年間強要し続けた母親を娘が殺害したという事件。

「受験戦争の激しさ」は、日韓で違いがあるものの、自分が叶わなかった夢を子どもに託そうとする親と、それに苦しめられる子どもという構図は、日本でも同じであると改めて感じた事件でした。

最近の韓国ドラマでは、こういった特定のテーマを扱ういわゆる”ジャンルもの”の場合、脚本を構成する際にチームを組んで徹底した調査が行われると言います。

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国ドラマ視聴歴16年、現在韓国在住の私が「韓国ドラマの強さの理由」について、現地でしか得られない情報を元に、シリーズ形式で解説します。今回は、その第三回目「視聴者を唸らせる脚本はこうしてできる[…]

制作陣のインタビューなどを観ていると、今回のように「実際にあった事件」をモチーフにしているケースはとても多いです。

「愛の不時着」も、パラグライダーで北朝鮮に不時着なんてありえない!?と思いますが、実は実際にあった事件がモチーフになっています。

制作陣は、視聴者を惹き付ける刺激的な演出も行いながらも、実際に起った事件などを織り交ぜながら、ドラマ的な部分とリアリティをうまく組み合わせているわけです。
なお、ドラマで登場した「入試コーディネーター」は、韓国では一般的なのかどうか?が気にになった方も多いのではないでしょうか。
実は皮肉なことに、ドラマ放送前までは、一般的にはあまり知られていませんでしたが、ドラマ効果で入試コーディネーターの存在を知り、問い合わせる親が増えたとのこと。
行き過ぎた私教育に警鐘を鳴らすつもりのドラマが、実際には”逆効果”を与えてしまったということも、当時は話題になりました。
ただ、ドラマのキム・ジュヨン先生のような高額で踏み込みすぎた入試コンサルティングは、実際は不法。韓国政府は、2018年に149件の違法な入試コンサルティング業者を取り締まったそうです。

「SKYキャッスル」韓国で話題になったこと

「SKYキャッスル」のドラマそのものに対することで、放送当時、韓国で大きな話題となったのは、やはりキム・ソヒョンが演じたキム・ジュヨン先生のキャラクター。

インタビューによると、キム・ソヒョンは、役づくりに当たり、きらびやかな「SKYキャッスル」の奥様たちをコントロールする存在であるキム・ジュヨン先生をどのように表現するか?について、かなり悩んだそうです。

そこでまず決めたのが、髪型とファッション。先生の衣装は「黒」で統一することで、威圧感を演出したいと考えたそうです。「トッケビ」でも出てきた”死神”のイメージから黒を選んだんだとか。

ちなみに、最も一緒のシーンが多い、イェソママのヨム・ジョンアが、キム・ソヒョンより背が高かったそう「二人で向き合うシーンはなかなか迫力が出ないので、ハイヒールが必須だった」とも話していました。

二人の身長差、各シーンで確認してみると面白いです。

なお、日本語字幕ではどこまで雰囲気が伝わったかわかりませんが、キム・ジュヨン先生のセリフや声のトーンは、通常のキャラクターに比べてもかなり独特なものがありました。

キム・ソヒョンも「セリフ言い方が一人だけ時代劇のようで、かなり苦労した」と言います。

特にイェソ母・ハン・ソジンとの会話出でてきた、

”감수하시겠습니까?(甘んじて受けますか?)”
”전적으로 감당하시겠습니까?(すべてを引き受けられますか?)”

というセリフは、キム・ジュヨン先生のモノマネをするときの定番のセリフとして、話題になりました。

と、ドラマでは近寄りがたくカリスマのあるキム・ジュヨン先生を演じたキム・ソヒョンですが、ドラマヒット後はかなり多くのバラエティ番組にも出演しました。

なんとこちらの番組では、イェソ役を演じたキム・ヘユンと一緒に「江南スタイル」を踊っています(笑)

なお、バラエティといえば日本のNetflixでも見られる「知ってるお兄さん」にも、ジニ役を演じたオ・ナラと一緒に出演しています。

二人のキャラクターの口癖で、どっと笑いが起きたシーン

Netflixの「知ってるお兄さん」2019年5月14日のエピソード6で見られますので、是非観てみてくださいね。
ジニの口癖「ネマリ、ネマリ〜〜〜」は、「私の言葉」という意味からの「私が言いたかったのはそれよ〜」みたいな感じですが、これもかなり頭に残った方が多いのではないでしょうか。
ちなみに、オ・ナラは制作記者会見の際、「ジニのロールモデルがソジンの設定だったが、実際にヨム・ジョンア先輩は以前から私のロールモデルだった。そのような設定の役で一緒に演技ができてとても嬉しい」と話していました。
制作発表会の写真。キャストの中で一番年上が一番右のヨム・ジョンア(72年生まれ)。実は一番年下が、真ん中のユン・セア(77年生まれ)です。
現場のムードメーカーは、いつも明るいユン・セアだったそうです!
放送終了後のオフショット(ジニ家族編)
ジニの息子、スハンを演じたイ・ユジンくんは、数カ月後にアイドルを目指してPRODUCEX101に出演して話題になりました。
関連記事

こんにちは、Misaです。遂に、待ちに待ったオーディション番組 ”PRODUCEシリーズ”の最新シーズン、PRODUCE X 101の放送が昨日、5月3日から韓国でスタートしました!私は、一つ前のPRODUCE48から見始[…]

そして、「17話の台本が流出する」という事件も、大きく世間を賑わせました。
流失した台本には、チョ・ビョンギュの名前が入っていたため、俳優側からの流出が疑われましたが、俳優に印刷して渡す前のPDFの状態だったということで、最終的にはスタッフ側からの流出だったと言われています。
ということで、17話は台本流出により、後半は実は少し内容が変更された可能性があると言えます。
最後にチョ・ビョンギュと言えば、この「SKYキャッスル」での共演で、ヘナ役を演じたキム・ボラとの熱愛が当時話題に。公式に認めましたが、数カ月後に残念ながら別れたそうです。
大ヒットを記録したドラマ「SKYキャッスル」ノーカット台本集

「SKYキャッスル」結末に対する議論

さて、韓国で最も話題になったことは、実は最終話について。

放送終了後のオフショット(チャ教授・家族編)

SNSを見ると、日本では「ハッピーエンドで良かった!」という声が多く見られましたが、韓国では最終話はかなり否定的な意見が多かったのです。

最終話だけ、急にみんなが善人になり全てがハッピーに終わってしまったため、「SKYキャッスルではなく、EBSキャッスルになってしまった」と言われたほど。

*EBSは韓国の教育放送。教科書的な内容になってしまったというような意味です。

また、あまりにも最終話だけ違うと「作家が拉致された説」まで飛び出しました(笑)

放送終了後のオフショット(入試コーディネータ編)

なお、韓国視聴者からは主に以下のような点の指摘が多く見られました。

韓国視聴者の声
ヘナ殺害の真相が明らかにされなかった。刑事が言っていた「ウジュ以外が犯人であるためにはいくつもの偶然が重なければならない」を覆す真相を説明すべきだった。
学校で子どもたちが突然授業をサボってウジュを追いかけるシーンはちょっと見てて恥ずかしかった。演出が古い。
イェソおばあさんと母が、いくらなんでも突然寿司を分けてあげるほどの仲になるのはおかしい。
ウジュが人生を考えると言って、ヨーロッパ旅行に行くという展開が、結局「金持ちの子である」ことを再確認させてしまい残念だった。
私も見ていて、ここで挙げられたシーンでは、それまでの展開とのギャップがありすぎて「俳優たちも演技をするのに苦労したのでは?」と思いました。
全体的に、あまりに突然全てをハッピーエンドにまとめようとして、Too muchな展開になってしまった感じはたしかに否めませんでしたね。
なお、最後の最後に、刑務所にいるはずのキム・ジュヨン先生が、また大勢の母親たちの前に登場するシーンは、
「キム・ジュヨンは捕まっても、第二のキム・ジュヨンはすでに生まれている。親たちが望む限り」ということを表現したかったのだと思いますが、これについても賛否両論ありました。
「前半はよかったのに、最後が残念」というのを表すために、SNS上である視聴者がアップしたこんなイラストも話題に。
左から「始まり⇒展開⇒結末」の順です。


*出典:ハンギョレ:2019-02-02記事よりお借りしました。

また、一部の視聴者から「SKYキャッスルの最終話の再撮影を求める国民請願」が出されるなどの動きもありました。

放送終了後のオフショット(ウジュ家族編)

作品を見る目が厳しい韓国視聴者ならではの評価ですが、それだけ最終話の直前までの評価がとても高かった証とも言えます。

「SKYキャッスルは残念さが残る作品。名作にはなりきれなかった」という声がとても多く、名作だと期待したからこその厳しい反応だったと思います。

確かに「SKYキャッスル」のような刺激的な展開で視聴者を惹き付けるタイプの作品の場合、最後の終わり方はとても難しい。

「SKYキャッスル」の後に、視聴率の記録を塗り替えた「夫婦の世界」では、全てをハッピーエンドにしたり、語りすぎるのではなく、余韻を残した開かれた結末が印象的でした。

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国で大ヒットとなった「夫婦の世界」を最後まで見終わった私が、これから観る方に向けてネタバレなしでドラマの魅力を解説します!(日本放送に関する情報もあります)」韓国で大ヒット!「夫婦[…]

原作がある作品ではありましたが、同じ放送局でもあるので、今思うとジャンルが似ている「SKYキャッスル」で出た視聴者の不満の声を教訓にした部分があったのかもしれません。

こうやって毎回視聴者が、率直で鋭い意見を発信し、制作陣がそれを次の作品作りに活かすというサイクルこそが、韓国で面白い作品が生まれ続ける秘訣だと言えます。

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国ドラマ視聴歴16年、現在韓国在住の私が「韓国ドラマの強さの理由」について、現地でしか得られない情報を元に、シリーズ形式で解説します。今回は、その第一回目「面白い作品が生まれ続ける仕組み」です[…]

とはいえ、「SKYキャッスル」の終わり方は、日本の視聴者にとってはある程度満足できる内容だったのではと思いますので、この作品は日本でも多くの方におすすめしたい名作の一つです。

まとめ

ということで、今回は名作「SKYキャッスル」について、関連情報をご紹介しました…!
今後は、過去の作品の中から、特にオススメなもの・私が深くハマったものについては、少しずつこのように関連情報などを紹介していきたいと思います!

SKYキャッスル(스카이캐슬)
2018年11月23日〜2019年2月1日までJTBCで放送
全20話/最高視聴率:23.8%
*写真はJTBCのHPからお借りしました。

『愛の不時着』を倍楽しむ100以上のネタを詰め込んだnoteを公開中

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa今年「愛の不時着」に関して調査・考察したことをすべてまとめたnoteマガジン「不時着のすべて」を公開しました。「不時着のすべて」とは?今年『愛の不時着』を観た皆さんから、ブログにたく[…]

おすすめ記事

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で開かれたNetflixの記者会見で発表された、2021年に公開予定のNetflixオリジナルドラマ9作品の概要を紹介します。See What's Next Korea 2021[…]

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa今日は、TOPIK6級保有・韓国ドラマはすべて字幕なしで視聴している韓国語学習者の私が、韓国ドラマの台本を使った学習の面白さについて解説します!こんにちは、ソウル在住ブロガーMisaです[…]