是非観て欲しい!ノンバーバル伝統ミュージックショー/Sun&Moon

こんにちは、Misaです。今日は韓国人の友人に誘われて初めて「Sun&Moon」という公演を観に行ってきました!

とてもよかったのですが、最初に思ったのが「これ、なんであまり日本で知られていないんだろう!?」ということ。

しっかり日本語のパンフレットまであるのに、聞いたこともなかったし、検索してみても、ブログで紹介している人もあまりいない様子…。

ノンバーバルの公演と言えば、Miso(美笑)やNANTAは見たことあったのですが、これが一番よかった!!とても韓国らしさを感じることができる舞台で、ノンバーバル見るならこれを一番にお勧めしたいです!

絶対外国人受けするのに、なぜか会場はほとんど韓国人でした。(よっぽどPRが下手なんだろうか…笑)ということで、是非たくさんの方に知っていただきたいので、紹介したいと思います。

みどころ①伝統音楽 × ニューメディアアート

舞台では、↓こういった伝統楽器の演奏がメインなのですが、単に演奏するだけではありません。

ホログラム映像やエレクロニックな音楽と組み合わせることで、伝統的だけど、とても現代的な舞台に仕上がっています。

こちら、お友達に聞いたのですが、パクカーリンという、韓国でとても有名なミュージカル監督が演出しているとのこと。私も古宮などで、伝統楽器の演奏は何度も聞いたことがあったのですが、今までに見たことのないとても新鮮な演奏・舞台で、最後まで飽きることなく観ることができました。

みどころ②素敵すぎる舞台衣装

そして、音楽と同じぐらい、とても印象的だったのが舞台衣装。基本的に韓服なのですが、これが普通の韓服ではなくて、現代風にアレンジされた韓服ですごく素敵!!

みなさん、手足も細くて素敵に着こなしています。

今まで見たどの伝統楽器の演奏よりも、衣装が印象的で目を惹きました。

また、韓服以外にも、ドレスっぽい衣装もあるのですが、これもとても素敵なんです。
どれもカッコいい雰囲気で、楽器ととてもマッチしてました。髪型やメイクなど細部までが、舞台の世界観に合うように工夫されていて、音楽の公演ですが、アートを観に行った気分にもなりました。

単に伝統楽器の演奏が続くのではなく、踊りや歌を組み合わせたり、誰もが知っている曲を伝統楽器でアレンジしたり…と、最後まで飽きることなく観ることができます。お決まりの、客席も一緒になって歌ったり、観客が舞台に上がったりする演出ももちろんあります。

演者と一緒に記念撮影

そして、公演が終わると、無料で演者の方と一緒に写真が撮れます!

そこまで混んでいないので、写真待ちも数分ですぐに順番が来ました。演者の皆さん(全員女性!)、最後まで笑顔と熱気が素晴らしくて、女性ならではの情熱的なパワーを感じました!

料金・場所など

なお、こちらの舞台は、正規の料金だと一番安い席で4000円程度。

でも、調べてみるとなんと、Konestでめちゃくちゃ安く売ってる!!笑
基本、S席で3300円。それが2月末までは1+1(ワンプラスワン 笑)で、3300円で2人観られるじゃないですか!!

国楽パフォーマンス 「SUN&MOON」予約/Konest

ちなみに席ですが、こんな感じで1階だけでそんなに大きくないので、S席でも十分かと思います。(どこまでがS席かわからないんですが、、)でも、こんなに安いなら、席をグレードアップしてもよいかもしれませんね。

なお、会場は京郷アートヒルというところで、一番近いのは、5番線の西大門駅です。

見た目は普通のビルの中に、会場があります。

まとめ

ノンバーバルなので、言葉がわからなくても楽しめますし、多くの外国人が好む「いかにも韓国的なもの」でありながら、現代アートのような新鮮さもあり。

しかし、金曜日の夜で、お客さんはほとんど韓国人で、席は6割ぐらいしか埋まっていない様子。これNANTAよりも、絶対外国人受けするのになあー!不思議です。

Konestで2月末まで、チケットが安くなっているので、是非この時期に韓国に行かれる方は、観に行ってください~!1人で観に行くのもおすすめです。

Sun&Moon
  • 5号線 西大門駅 5番出口から徒歩7分
  • 公演時間 平日午後8時~/土曜日 5時・8時~/日・祝日 5時~
  • Konest予約ページ
  • 3+
    最新情報をチェックしよう!