【坡州(パジュ)】ドラマ・映画・CM ロケ地の宝庫!碧草池文化樹木園②

こんにちは、Misaです。↓こちらでご紹介した、碧草池文化樹木園(ピョッチョジムナスモグォン/벽초지문화수목원)

One more Korea

こんにちは、Misaです。12月初旬、本格的に寒くなる前に、昔からずっと行ってみたかった碧草池文化樹木園(ピョッチョジム…

夜のライトアップの様子を紹介したいと思います!

見どころ①中央エリアのライトアップ

日暮れ前の16時半ごろから、カフェで休憩していたら、あっという間に外が真っ暗に。外に出てみると、1時間前とは全く違う景色が広がっていました!!

↓日暮れ前

↓日暮れ後。すごい!!

↓これが、

↓こうなります。後ろの背の高い木も、下から照らされて幻想的な雰囲気に。

↓日暮れ前と、

↓日暮れ後の真っ暗だと全然違いますね!!

昼間は目立たなかった、お姫様のオブジェの周りも良い雰囲気。

↓こちら、横からの写真。後ろの木が照らされているのが素敵。BGMに合わせて、木を照らすライトの色が少しずつ変わるので見ていて飽きません。

そして、一番大きなクリスマスツリーは、

音楽とともに、どんどん色が変わります。

カラフルでとてもきれいでした!!

見どころ②庭園エリアと中央をつなぐ小道

そして、昼間にLEDのカーテンがあった小道は、

様変わりしていました!すごい!!

オブジェたちも、夜見るほうが可愛いです!

そして、一番すごかったのがこちら↓。上にもLEDがあるので、空に星の川ができているような雰囲気。

思わず「キレイ!!」と歓声をあげながら、シャッターをたくさん切りました。

見どころ③庭園エリアのライトアップ

こちらの↓庭園エリア。

夜になると、こんな感じに!

↓昼間見たこのオブジェが、

夜になると、こんな雰囲気に!

LEDのバラもきれい!

昼に見たこちら↓も、ライトアップされると幻想的。

それから、昼間は特に目立たなかったのですが、左側の小道がいい感じ。カラフルなライトが木を照らしていて、すごく雰囲気があります。

木の間にあるオブジェも、青白く照らし出されて昼とは全く違う雰囲気。

庭園入口の扉も、↓昼間はこんな感じだったのですが、

↓夜になるとピッカピカに光ります。

そして、庭園全体には、穏やかな音楽が流れていていい雰囲気。夜の彫刻、よく見ると怖いですけど…笑

庭園の中央の噴水は、見ているうちに色がどんどん変わっていきます。

というわけで、めちゃくちゃ寒かったのですが、15時ごろから18時すぎまで居て、昼と夜両方の景色を楽しむことができました!!

ソウルからの行き方

なお、ソウルからこの樹木園までの行きかたは、交通機関を使う場合はこちらです。

1)ソウル駅から、京義・中央線に乗り月籠(ウォルロン)駅まで(約54分)
月籠(ウォルロン)駅からタクシーで20分(料金は約15000~20000ウォン前後)

2)2号線 合井駅からバスに乗り、ヘイリ芸術村まで行く(約55分)
ヘイリ芸術村からタクシーで約38分(料金は約22000ウォン前後)

2)に関しては、最短ルートではないのですが、この樹木園だけではなく、せっかく坡州(パジュ)に行くならヘイリ芸術村まで見たい、という場合の行き方です。
ヘイリ芸術村(Konst)

私は、2)のルートで、さらにヘイリ芸術村の隣にある別の施設を観に行ったあと、そこからタクシーに乗りました。

1)のルートの場合
韓国語の聞き取りに不安がある方は、地下鉄で行くほうが安全です。ソウル駅から、月籠(ウォルロン)駅までは地図上だとこんな感じ。ソウル駅から京義・中央線に乗れば、乗り換えなしで一本で行けます。

駅に着いたら、タクシーを捕まえて、碧草池文化樹木園(ピョッチョジムナスモグォン / 벽초지문화수목원)言えば、もしくはこの画面の韓国語表記を見せれば、伝わります。

2)のルートの場合
韓国語でバスの停留所の聞き取りが問題ない方は、バスのルートも楽しいです。(私はピクニック気分で、お菓子を食べながら外の景色を楽しみました)

2号線の合井駅の8番出口から出て、ガソリンスタンドを右手に道なりに進んでいくと、

홀트아동복지회 (ホルツゥアトンボクチヘ)という停留所があります。ここから、2200番のバスに乗ると、1時間ほどで坡州(パジュ)に行くことができます。15分おきぐらいに出ているので、とっても使いやすいバスです。

ただ、このバスに限らず、長距離バスで気をつけなきゃいけないのが、↓このバス停の表示。

最初は、これが正しいと思って写真を撮って、停留所の順番を確認していたのですが、しばしば、このバス停にある表示が古いことがあり、乗ってみたら「その停留所はもうなかった」なんてことが何度も。

というわけで、長距離バスに乗るときは、必ずKakaoMapというアプリで、停留所の順番を確認するようにしています。
홀트아동복지회 (ホルツゥアトンボクチヘ)から、ヘイリ芸術村近くの헤이리4번게이트(ヘイリサボンゲイト)という停留所までの順番。

KakaoMap、韓国では何かと便利です。

KakaoMapダウンロード
iPhone用アプリ
Android用アプリ

ヘイリ芸術村からは、タクシーで樹木園まで。約40分で22000ウォンほどです。

樹木園からの帰りについて。近くにバス停もあるようですが、私は受付の人にタクシーを呼んでもらいました。

「ソウルまで行く」と言ったら、受付の人に、「月籠(ウォルロン)駅ではなく、その一つ手前の金村(クンチョン)駅がいい」と言われて、そこまでタクシーで行きました。40分ぐらい乗って、20000ウォンぐらい。

なお、田舎では、無理せず上手にタクシーを使ったほうが安心です。無理してバスに乗って、変なところで降りてしまうと、タクシーが捕まらないんです…。(それで田舎町をさまよった経験が何度も…笑)

まとめ

毎年冬に開かれる、この夜のライトアップ(光の祭典)は、今回は2018年11月24日~2019年3月3日まで開かれています。
また、それに合わせて、開園時間も13:00~22:00となります。

ホームページには、「愛する人と最高の冬を!」と書かれているので、恋人たちがメインターゲットですが(笑)、私のように一人で行ってももちろん大丈夫です!写真好きな人には、夜景を撮るのに絶好のスポットです。

オススメは、日没の1時間半前くらいに到着して、日没前後の両方の景色を楽しむこと。ご興味ある方は、ぜひ一度行ってみてくださいね!

碧草池文化樹木園(ピョッチョジムナスモグォン / 벽초지문화수목원)

  • 京義・中央線 月籠(ウォルロン)駅 からタクシーで約20分
  • 開園時間(時期によって異なる)
    通常 9:00~日没
    光の祭典期間:2019/3/3まで 13:00~22:00
  • 入場料 大人9000ウォン
  • Konest紹介記事
  • 5+
    最新情報をチェックしよう!