「サイコだけど大丈夫」サンテ役:オ・ジョンセさんの経歴・人柄・韓国で話題になったこと

ソウル在住
ブロガーMisa
今日は「サイコだけど大丈夫」のサンテ役の演技で話題の名俳優、オ・ジョンセさんについて経歴・人柄・韓国で話題になったことなどを掘り下げて紹介します。

「サイコだけど大丈夫」で光った圧倒的な演技力

今日私が、オ・ジョンセさんを取り上げる理由は、やはり最近放送が終了した「サイコだけど大丈夫」。

キム・スヒョン、ソ・イェジと、演技力があり個性的すぎる2人に囲まれながらも、ドラマ後半になればなるほど、自閉スペクトラム症の兄を演じるオ・ジョンセさんの素晴らしい演技に涙した人も多かったはず。

韓国では、オ・ジョンセさんは、すでに2019年末に「椿の花咲く頃」で大ブレイクしていましたが、今回の「サイコだけど大丈夫」を通じて、改めてその演技力が絶賛されました…!

今日は、今、最も韓国で注目されている助演俳優、オ・ジョンセさんについて掘り下げてみたいと思います。

オ・ジョンセさんのプロフィール

まず、オ・ジョンセさんの基本プロフィールを確認してみます。

1977年生まれ(43歳:2020年時点)
1997年映画「父」でデビュー
2006年に結婚し、息子・娘が1人ずついる
実は、有名になったのは、40代以降からで、本当に無名時代が長かったオ・ジョンセさん。これまでに受けたオーディションの数は1000本を超え、約16年間、名前の無いような役も含め、100作品以上に出演し続けてきました。
そんなオ・ジョンセさんが韓国で一気に有名になったのが、2019年の大ヒットドラマ「椿の花咲く頃」のノ・ギュテ役。
田舎町で力を持つ人物ですが、人に対して時には高圧的になりながらも、誰もが持っていそうな人としての弱い部分があり、どこか憎めない可愛い奴という独特のキャラクターを演じて、ドラマのヒットと共にオ・ジョンセさんも数々の賞を受賞しました。
2020年の「百想芸術大賞」では激戦の中、この「椿の花咲く頃」のノ・ギュテ役で、「梨泰院クラス」のチャン会長・ユ・ジェミョンさんや、「愛の不時着」のピョ・チス役、ヤン・ギョンウォンさんを押さえて、助演賞を受賞しています。
ちなみに、プライベートの話で有名なのは、奥さんについて。なんと小学校1年生の時から友達だった奥さんに、小学校6年生の時に「大きくなったら結婚しよう」と告白し、実際に19年間付き合って結婚をしたそう…!ということで、生涯付き合った女性は奥さんだけなんだそうです。

オ・ジョンセさんの人柄

私は、「椿の花咲く頃」以前から、少しずつ助演でドラマに出演していたオ・ジョンセさんに着目していたのですが、その人柄については、直接会場まで観に行った「KBS演技大賞」での受賞コメントや、

関連記事

こんにちは、Misaです。先日に引き続き、2019 KBS演技大賞の授賞式参加レポート。今日はいよいよ授賞式の様子をお届けします!↓レッドカーペットの様子はこちら[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

「百想演技大賞」での受賞コメントを通じて、

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa2020年の百想芸術大賞;ドラマ部門の受賞結果・理由・コメントを翻訳して一挙にご紹介!韓国での最新ドラマの人気・評価を知ることができます。はじめに2020年6月5日に開かれた第56回[…]

すごく地に足が着いていて、淡々としていながらも、人の痛みのわかる、愛情があふれた強い人なんじゃないかなと感じていました。

特に「百想演技大賞」でのコメントは、本当に何度聞いても感動的で、オ・ジョンセさんの人柄が表れています。「椿の花咲く頃」を見たことない方でも、是非、上記記事を一度読んでみてください…!

そのコメントを読んだ後に、「オーディションを1000本以上受けてきた」「40代になるまでほぼ無名だったが、作品に出続けてきた」という経歴を聞くと、本当に芯のある強い方なんだろうなと思います。

「サイコだけど大丈夫」関連雑誌

話題になったファンとの遊園地での交流

「サイコだけど大丈夫」の放送中に、そんなオ・ジョンセさんの温かい人柄を表す、あるエピソードが話題になりました。

オ・ジョンセさんが、ドラマの撮影中に、発達障害をもつぺ・ポムジュンさんというファンの方と遊園地に遊びに行ったという話が、その方の妹さんがInstagramに上げた写真と共に話題になったのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BaeJiSoo(@hpccp_icw)がシェアした投稿 -

私は、初め見たときに役作りの一環なのかな…?と思ってしまいましたが、実はこんなエピソードがあったそうです。妹さんの話によると、

「サイコだけど大丈夫」2話で、ムニョンのサイン会でサンテが泣き叫ぶ場面を見て、兄が「自分がサンテ兄さんに会って癒してあげたい」と言った
それからずっと兄は、「サンテ兄さんに会いたい」と言って、ロッテワールドやキャンピングカーに乗るなど一緒にやりたいことを話し続けた
それで、事務所を通じてオ・ジョンセさんにこの話を伝えて欲しいと頼んだところ、オ・ジョンセさんが会うことを快く引き受けてくれた
2話のこのシーンですね。

そして驚くことに、オ・ジョンセさんは、役柄のサンテのままの格好、キャラクターで現れて、本当にポムジュンさんと友人のように楽しく遊んだそうです。

オ・ジョンセさんはなんと、当日も数時間ドラマの撮影をした後、合間に会いに来てくれたそうですが、妹さんは、その様子を見て、オ・ジョンセさんがこのために、どれだけお兄さんの障害を理解し、準備してきてくれたかを感じたそうです。

この日は、7月の下旬で、写真を見ると他の人はほとんど半そでを着ています。発達障害の方は、「暑い夏でも長袖を着たがる」ということもあるそうですが、きっとこの日はそんな細かなところまで、オ・ジョンセさんは研究してやって来たのではないでしょうか。(サンテも長袖を着ることも多いですが、その日の衣装は特に考えて選んだのでは)
妹さんは、Instagramでこうつづっています。

オ・ジョンセさんの、手先、表情一つ一つが愛情いっぱいで、愛に来てくれただけでも感動なのに、涙が止まらなかった。サンテのファンだったが、すっかりオ・ジョンセさんのファンになった。世の中にこんな人が存在することに感謝した

最後に、オ・ジョンセさんは、ポムジュンさんにドラマでも登場した恐竜のお母さんのぬいぐるみをプレゼントしたんだそうです。

こちらは、ポムジュンさんのInstagram。オ・ジョンセさんと別れた後に、「別れて涙が出る」という妹さんに、「次、また会えば良いんだよ」と繰り返すポムジュンさんのやり取りは、ガンテとサンテのやり取りを見ているよう…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAEBOUMJUN (파란하늘)cellist(@boumjun_bae)がシェアした投稿 -

ちなみに、ポムジュンさんも、サンテのように特別な才能があり、国連の招待で独奏することもあるチェロリストなんだとか。
さらに、妹さんの話では、お兄さんとの関係について、「サイコだけど大丈夫」の後半のストーリーにもつながるようなエピソードをインタビューで答えています。

ほとんどの人が、障がい者でない私が、姉のような役割をすると思っている。しかし、実際は、兄の方が私を守ってくれています。もちろん、話し方や行動は上手ではないが、その中に真心と心配があるのです。

ぺ・ポムジュンさんは、知的能力が3歳、生活水準は7歳という知的障害を抱えていますが、世界障害者の行事に参加して、英語でこんなスピーチをしたこともあるそうです。(英語のスピーチのために、一か月準備したんだとか)

知的障がい者は、赤ちゃんではありません。間違っているのではなく、みんなと少し違います。表現することを知らないのではなく、違う表現をしているのです。(中略)理解も行動も遅いことがあります。でももし、あなたたちが少し待ってくれたら、私たちは多くの可能性をお見せすることができます。

ドラマの中で、役を演じるだけでなく、サンテのような「人とちょっと違うだけ」の個性を抱えた人たちの気持ちになり切ったオジョンセさん。

ポムジュンさんとも、人と人として向き合うことで、ポムジュンさん本人はもちろん、妹さんやご両親など、それを見守る周りの沢山の人に幸せを与えてくれたそうです。

「サイコだけど大丈夫」シナリオ集(韓国語)

オ・ジョンセさんが抱える障害

そして、実はオ・ジョンセさん自身も、サンテのように他の人とはちょっと違う、ある障害を持っていることを昔、バラエティ番組で告白したことがあります。それは、”顔面認識障害”というもの。

これは脳の疾患の一つで、先天的な理由や交通事故のような外傷でも発症する障害で、人の顔をうまく認識できない=身近な人の顔も認識できない時がある障害とのこと。

5-6年間一緒に働いたスタイリストも『誰だ?』と思ったことがあり、息子も気づかなかったことがある

と番組で告白していた映像が、今回ドラマが話題になったことにより、改めて注目されました。

バラエティ番組では明るく話していたのですが、たくさんの俳優やスタッフと仕事をしなければならない、役者という職業にとっては、かなり大変な障害なのではないかと思います。

ちなみに、調べてみるとあのブラッド・ビットもこの障害を抱えているそう。

「サイコだけど大丈夫」のメッセージでもあったように、オ・ジョンセさん自身も、人とはちょっと違う部分を抱えて、それでも人一倍努力を重ねてここまで実績を積み上げてきたと言えます。

「サイコだけど大丈夫」登場の絵本

オ・ジョンセさんの出演作品

さて、そんな、人としても素晴らしいオ・ジョンセさんの過去の出演作をいくつか紹介してみましょう。

「サイコだけど大丈夫」で、初めてオ・ジョンセさんを観た、という方には、やはり見ていただきたいのは、「椿の花咲く頃」!!
最初は、なんだか軽い男なんですが、後半になるにつれてオ・ジョンセさんにしかできない、味のある演技が見どころです。(そして、ドラマ自体も素晴らしい…!)

関連記事

 ソウル在住ブロガーMisa今週ついに「椿の花咲く頃」が韓国で最終回を迎えました。Twitterでも放送後すぐに紹介したんですが、いや~これ、すごい作品でした!!コンヒョジン「椿の花咲く頃」が最終話視聴完了。[…]

そして、オ・ジョンセさんは、この「椿の花咲く頃」で大ブレイクした後、「サイコだけど大丈夫」に出演する前に、「ストーブリーグ」というヒットドラマでも悪役を演じています。(日本では、KNTVで放送)


*出典:『ストーブリーグ』SBS/HPより

ちなみに、驚くことに「サイコだけど大丈夫」であれだけの難役を演じながら、実は裏で同時に別のドラマにも出演していました…!

「梨泰院クラス」のセロイの父でもおなじみのベテラン俳優、ソン・ヒョンジュさんが主役の「模範刑事」というドラマ。


*出典:『模範刑事』JTBC/HPより

私も見ていないので、詳しくはわかりませんが、大富豪の息子という設定の悪役のようで、サンテとは全く違う…!


*出典:『模範刑事』JTBC/HPより

どちらかのドラマが、事前制作だったのか、それとも同時に撮影していたのかわかりませんが、これだけ異なる役を同じような時期に演じられるのは凄い…!

ちなみに、私がオ・ジョンセさんを初めて観たのは、2019年に放送されたイ・ドンウク&ユ・インナ主演の「真心が届く」というドラマ。


*出典:『真心が届く』tvN/HPより

イ・ドンウクの勤務する法律事務所の代表で、したたかだけど、なんだか憎めないキャラクターを演じています。
ドラマの詳しい紹介はこちら

関連記事

こんにちは、Misaです。「남자친구 (ボーイフレンド)」の余韻も冷めやらぬうちに、先週からついに、イ・ドンウク&ユ・インナ主演ドラマ「真心が届く」がスタートしました!(いや~、相変わらずtVNのラインナップ豪華すぎ!!)こ[…]

また、近年映画でも、ヒット作に多く出演しているオ・ジョンセさん。

大ヒットした「エクストリーム・ジョブ」や、

EXOのD.O主演の「スウィング・キッズ」にも出演しています。


このように、今では連続して出演したり、掛け持ちするほど人気のオ・ジョンセさんですが、本当にちょっと前までは、ちょっとした役も沢山こなしていたことがわかるのがこちら。

2014年の大人気ドラマ「ミセン」にも最終回で出演。(会社に乗り込んでくる、ソン代理の浮気相手の夫役)


*出典:『ミセン』tvNより

この時は、カメオ出演ぽい感じだったようですが…当時は全然知らない俳優さんでした…。

なお、これだけたくさん作品に出演しているオ・ジョンセさんが、今でも忘れられない作品として、名前を挙げるのが、無名時代に男性主人公に大抜擢された「男子取扱説明書」という映画。なんと、オ・ジョンセさんが韓流スターという役柄で登場しています。(日本ではDVDレンタルで見られるのかな…?)

映画の雰囲気は、こちらでどうぞ…!(オ・ジョンセさんが若い…!)

まとめ

ということで、「サイコだけど大丈夫」で話題の俳優、オ・ジョンセさんの経歴や人柄について、掘り下げてご紹介しました…!

出演作の履歴を見てみると、ここで紹介した作品以外にも、例えば「僕の彼女を紹介します」など、「どこに出てたの…!?」という作品も含め、本当にたくさんの作品に出演してきたことがわかります。

その活動や、コメントを見ていると「諦めずに淡々と自分の道を突き進む」ということの大切さを教えられているような気持ちがします。

個人的には、今回のサンテ役で、来年の「百想演技芸術大賞」の助演賞を二年連続で受賞してしまうんじゃないかと予想しています。
引き続き、オ・ジョンセさんの出演作には注目です…!

「サイコだけど大丈夫」関連記事

関連記事

ソウル在住ブロガーMisaNetflixで日韓ほぼ同時放送中の、キム・スヒョン、ソ・イェジ主演の「サイコだけど大丈夫」について、8話放送終了時点での、あらすじ・みどころ・序盤の感想などをご紹介します。1分でわかる[…]

関連記事

ソウル在住ブロガーMisaNetflixで配信中の「サイコだけど大丈夫」について、韓国現地での評価・視聴率・話題になったことなどを紹介します。(一部ネタバレあり)なお、「サイコだけど大丈夫」の基本情報については、[…]

「椿の花咲く頃」記事一覧

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国ドラマの歴史に残る名作!「椿の花咲く頃」関連の記事を一覧で紹介。どんな方向けの、どんな記事なのか?を整理しました。ネタバレ無し1)「椿の花咲く頃」ヒットの理由[sitec[…]

*『サイコだけど大丈夫』の画像はtvNからお借りしました。

16+