【新村】集中できるブックカフェ/책다방 위숨

  • 2018-08-12
  • 2018-08-12
  • 食事

週末に、いつもと違うところで勉強したいなーと思い、隣の駅の新村まで足を伸ばして、新しいブックカフェを開拓してきました。

책다방 위숨 (チェタバン ウィスム)というブックカフェです。
新村の1番出口から、7分ぐらい歩きました。

飲食店が並んで、結構ごちゃごちゃしたエリアにあるので、最初はちょっと心配だったんですが、入ってみるとなかなか集中できる雰囲気で良かったです。

お店は2階と3階で、2階が普通に会話できる感じで、3階は集中して勉強したい人用に分かれていました。

2階:感じの良い店員さん

3階を使う場合もまず、2階で注文します。店主っぽい男の人が笑顔で迎えてくれました。すごく感じが良い人でした!

料金もとても良心的。カフェラテが5000w。長居できるカフェにしては安い方かもしれません。

飲み物の他にも、ケーキやちょっと小腹が空いた時用のクッキーなんかも売ってます。

2階はこんな感じで、窓側の1人用と(でも日差しが強くて昼は無理かも)

真ん中に大きなテーブルと、グループで座れる席がいくつかあります。壁には本もありますが、かなり雑然としていて、読んでる人は誰もいないw

私は、夏といったらこれ!チャモン(グレープフルーツ)エイドを注文しました。

5000wでこの大きいサイズは嬉しい。底に果実と甘いシロップが溜まっていて、最後まで美味しく飲めました。ちょっとしたお菓子も付いてました。

思ったより店内は雑然としていたんですがw、店員さんがとても感じがよく、よく見ると細かなところに心遣いが現れてるなーと思いました。このお菓子や、コースター。

2階と3階の間にある張り紙も、イラスト付きですごく丁寧で可愛い。

早速、飲み物を持って3階へ。

3階:まるで自分の勉強部屋

3階は店員さんもおらず、勉強に集中できるようなスペースになっていました。

壁側には1人用の席も。ただ、ちょっと見晴らしがイマイチだったので移動。

人が少なくて、みんな4人がけの席を1人で使ったりしていたので、私も思い切って4人がけの席へ。ライトまでついてて、まるで自分の部屋の勉強机みたいw

どの席もライトがついていて、本当に勉強に集中しやすい環境になっていました。

こんな感じでお水と、ブランケットっぽいものまで置いてありました。(なんて心遣い!)

週末なので混んできたら移動しようかなと思ったんですが、土曜日の2時から4時まで居て、全然人増えなかったw

大学が沢山あるエリアなので、週末より平日の方が混むのかもしれません。

まとめ

駅からちょっと歩くのと、ごみごみしたエリアにあり、中も、めっちゃオシャレ!!って感じではないのですが、とにかく静かで、店員さんの心遣いが随所に感じられて、週末に人が少ない穴場カフェって感じでした。

合井や弘大だと、週末はどこも人が多いので、週末しっかり勉強したいときにまた行きたいなと思いました。

駅からの行き方を簡単に説明すると、

1番出口を出て、現代百貨店を右手に通り過ぎて、オリーブヤングも通り過ぎて2本目の角を右に曲がります。ここ↓

途中、左手に学校みたいなのが見えつつ、ひたすら真っ直ぐ。

ここで道が分かれますが、ひたすら真っ直ぐです。

ずっと歩いていると、左側に1階がセブンイレブンの建物が見えてきます。
(セブンイレブンは、右にも左にも3階ぐらい登場しますが、分かれ道を過ぎた後の左手のセブンです)

地図で見ると、延世大学のほんとすぐ近くみたいです。今度は、ついでに大学にも行ってみたい!

책다방 위숨 /チェタバンウィスム

  • 2号線 新村駅 1番出口から 徒歩7分
  • 地図はこちら
  • 1+
    最新情報をチェックしよう!