英会話学校を探す

  • 2018-08-04
  • 2018-08-05
  • 生活

6月中旬にソウルに来て、生活の準備が整ったので、7月は英語の学校に通いました。

「え、韓国で英語!?なんで?」とよく言われるのですが、もちろん大好きな韓国で生活して韓国語を勉強することも目的の1つなんですが、時間があるこのタイミングで、次のキャリアへ向けても、英語を思いっきり勉強したいなと思っていました。

韓国で英語は学べる?

もちろん、英語圏に行くには及びませんが、韓国は英語学習に関しては、日本より選択肢が多く、リーズナブルに学ぶことができます。
…と言いつつ、実は学校を探し始めた時は、詳しくは理解していませんでした。

とりあえず、知っていたのは、語学学校といえば、PAGODAとYBMが有名、ってことぐらいだけ。(日本でいうと、ベルリッツとイーオンみたいな感じ?)

ということで、家から一番近いPAGODAとYBMにとりあえず突撃してみて、話を聞いて来ました。

PAGODA とYBMのパンフレット↓

韓国の語学学校のスタイル

受付のお姉さんにしつこく質問してわかったこと。

  • 登録には電話番号があれば、パスポートも外国人登録証も見せる必要がない
  • 授業の申請は1ヶ月ごと。カード払い可能。やめたければ1ヶ月で辞められる
  • 韓国人の先生の授業とネイティブの先生の授業がある (初級はだいたい韓国人の先生が韓国語混じりで説明する)
  • 授業の頻度は、内容にもよるが週5、週3がメイン。(日本みたいに週1回だけ、みたいな授業は少ない)
  • だいぶ、日本とはスタイルが違うなーと感じました。

    というのも、韓国で英語というと、日本よりも進学や就職の際に日本以上に英語のスペック(TOEICの点数など)が求められるので、趣味のためにというより、就職や進学のために通っている人がほとんど。

    なので、週1から始めてみよう、というより、目標達成のために集中してがっつり通う、目標達成したらいつでも辞められる、という感じなんだろうなと思いました。

    パンフレットこんな感じ↓

    それから、先生について。
    韓国では、日本語も初級は韓国人の先生が教えます。日本人の先生が担当するのは中級以上。

    これ↓TOEICの講座のポスター。韓国人の先生、なんか芸能人ばりの写真 笑

    日本で英会話教室行くのに、日本人の先生に習う、って発想ありませんよね?

    日本人は、全然喋れない初級の頃から、なぜか「せっかく習うならネイティブじゃないと、発音が…」とかに何故かこだわりますが、実際、初級の頃に大事なのって、そこじゃなくて、どれだけ早く英語に慣れるか、英語学習者の気持ちをわかってサポートしてくれる先生がいるか、だと思います。

    韓国はこういうところ、本当に合理的というか効率的なシステムになってます。
    基本は日本と似てるんだけど、妙に欧米的な考え方なところもあって、それがとても面白いです。

    なにより、1ヶ月単位で申請できる、というのはとてもイイ!

    パスポートがあれば、携帯の番号も1ヶ月だけゲットすることもできるので、長く住んでいなくても、なんなら1ヶ月だけ旅行に来て、韓国人と一緒に英語を勉強してみる、なんてこともできるんですね。(大学生の時にやってみたかった)

    いきなりレベルテストを受ける

    「日本人なんですが、ここで英語勉強したいんです」と言って、受付のお姉さんに相談したら、「英語がある程度理解できるなら、すべて英語でやるネイティブの授業が良い」と言われ、その場ですぐに「レベルテスト今からやりますか?」と言われて小さい個室に連れていかれました。
    (こういう効率的なところ大好き)

    調べて来た韓国語の単語で、お姉さんと韓国語でやり取りをした直後だったので、英語ネイティブの先生を目の前にして、思わず「アニョハセヨ〜」と言ってしまいました。笑

    レベルテストの質問タイムで、さらに気になっていたこの辺も先生に確認↓

  • 人数はどれくらいか?→ 時間帯によるが、4〜8名ぐらい
  • テキストはどんな感じ?→これとても重要なので実物を見せてもらいました
  • 月ごとに人が集まらなければ開講しない時間帯もあるそう(これはホームページやパンフではわからない)
  • という流れを、両方の学校で繰り返して、システムや料金はほとんど違いがないことがわかったので、私は以下を重視して、結局PAGODAの夜19時からの授業に通うことに決めました。

  • テキストが面白いこと
  • 生徒の人数が多すぎないこと  →授業開始2日前時点で、私の他に登録2人
  • 仕事をしている韓国人と知り合いになれそうな時間帯 →夜
  • 使用したテキスト↓ 単に勉強、というより、いろんなテーマについて会話できるようになっています。

    ということで、通い始めた学校。実際に通ってみると、また色々発見がありました。

    その様子はまた別途書きたいと思います。

    2+
    最新情報をチェックしよう!