【映画レビュー】今見るべき映画!日本公開中:シム・ウンギョン&松坂桃李「新聞記者」

こんにちは、Misaです。いつもは韓国映画を紹介しているのですが、今日紹介するのは、現在日本で公開中の邦画「新聞記者」です。なぜこのブログでご紹介するかというと…、韓国の女優、シム・ウンギョンさんが主役で出演しているからです!

そして、これは今のタイミングで多くの日本人が見るべき映画だなと思いました。先日、日本に行ったタイミングで、観ることができましたのでご紹介したいと思います。

あらすじ概要

シム・ウンギョンさん演じる、吉岡エリカは東都新聞の記者。日本人の父と、韓国人の母親から生まれ、アメリカで育ったハーフという設定。

父親もジャーナリストだった吉岡は、権力からの圧力を常に受ける新聞社の中で、自分のジャーナリストとしての信念を貫こうとする変わり者の新人記者です。ある日、東都新聞に大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届きます。もみ消そうとする圧力にも負けず、真実を追求しようと、独自調査を始めます。

一方、松坂桃李演じる杉原は、外務省から出向で、内閣情報調査室で働く官僚。「国民のため」という名目で、任されている業務は、現政権に都合の悪い情報を監視し、情報をコントロールする仕事。

ある事件をきっかけに、吉岡と接点を持った杉原は、大学新設計画をめぐる政府の裏の思惑を知ることになります。自分と家族の身を守るか、真実を明らかにすべきか…。選択を迫られる杉原。

今の社会と権力に問題提起を突き付ける、日本映画としては珍しい真正面から政治を扱った骨太の作品です。

この映画を取り巻く”忖度”

この映画の見どころは、何といっても、ほぼ現実の問題をモチーフにした内容が出てくるところ。

・総理のお友達が大学新設
・女性ジャーナリストがセクハラを受けるが、訴えたら逆に批判される

などなど、「あれ?どっかで聞いた話…」というネタがたくさん登場します。
邦画で政治的テーマを扱うこと自体珍しいのに、こんなに正面から政権批判をしているのはスゴイ。

東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者という方の原案をもとにしており、かなりリアルに近い形で描かれているとのこと。

映画「新聞記者」を現役記者が忖度なく語りつくす!
→ぎりぎり、ネタバレなしで書かれています。

しかもこの映画、公開のタイミングが絶妙すぎるんですよね。6月28日。参院選直前のタイミング。選挙前にこれを見た私も、色々と考えさせられました…。

しかし、内容が内容だけに、テレビでは全くPRされず…。これぞまさに、忖度!?

政権批判で?テレビ番組PRゼロ 映画「新聞記者」 「忖度」ニモマケズヒット!/東京新聞

この映画を観てから、この映画がネット以外のメディアでほとんど取り扱われなかったことを考えてみると…ぞっとします。

色々調べてみると、役者については、「政治のイメージが付くのを避けたい」「リスクがある」という理由で、何人かに断られた経緯もあるようです。特に吉岡役は難航し、宮崎あおいや満島ひかり打診したが断られたとの情報を見かけました。
(韓国映画ファンとしては、「彼女が韓国では、どれだけ実力派かわかってるのかー!」と言いたいですが 笑)

2020年3月追記:これはのちに監督がインタビューで否定していました。

内容を見る限り、わざわざ吉岡がハーフの設定である必然性がそこまでなかったのですが、逆にシム・ウンギョンを起用したかったからこの設定だったのかもしれません。

結果的に、変に役者自身のイメージも影響せず、日本語が少したどたどしいぐらいが、「ステレオタイプの熱血記者」ではない形で吉岡という人物を表現できて、良かったのかなとも思います。

それを考えると、杉原役を松坂桃李ほどの人気俳優が引き受けたというのは、あっぱれですね。

著名人からも絶賛の声

そんな逆境もあり、もともと上映規模もかなり小さかったんですが、それでも興行収入が4億円を突破したということで異例のヒットとなっています。

あの有名な監督たちも、この映画についてコメントしています。

韓国映画好きから見た感想

・山田洋次監督「今、作らなければならない、そして今、観なければいけない映画。固唾をのむようなサスペンスを体験させる若い藤井道人監督の技量に心からの賞賛を」

・是枝裕和監督「新聞記者という職業についての映画ではない。人が、この時代に、保身を超えて持つべき矜持についての映画だ」

さて、韓国映画好きとして、この映画を観た感想について。

まず、こういう映画が日本でも作られたこと、ヒットしたことは驚き。
この映画を製作した監督・スタッフ、役者さんたちには敬意を表したい…!

普段、韓国映画のメッセージ性を目の当たりにしながら、日本映画との温度感の違いに寂しさを感じていたので、日本でもこういう映画が受け入れられる、ということ自体が新しい発見だし、こういう映画を観ることで、政治を我がごととして考えるきっかけが生まれたということは、素晴らしいことだと思います。

その上で、敢えて言うならば…映画作品としては、演出や設定が惜しいな~という部分はありましたね。(普段、韓国映画ばかり見て、かなり目線が厳しくなってます…笑)
めちゃくちゃリアルな部分と、「それはさすがにフィクションでは…」という設定・演出が混ざっている感じ。

批判している人たちは、そのあたりを取り上げて批判しているようですが…。

ただ、この映画の一番の功績は、「このタイミングで、この問題提起をしたこと」だと思うので、細かい部分を取り上げて作品自体を批判するのは、ちょっと違うのかなと。若い監督さんらしいので、演出なんかは是非、韓国映画いっぱい観てほしいですね。(笑)

しかし、松坂桃李の奥さん役は、本田翼じゃなかったなあ…(笑)。キャラクターも、ステレオタイプの奥さんすぎて、ちょっと残念でした。そこは無名でも、演技力のある役者さんで、違うキャラクター設定のほうが、深みが出たと思います。

この映画がヒットしたということは、韓国映画ももっとどんどん骨太作品を上映して欲しい…!(キャストだけで選ぶのではなく、、)

以前からブログでも書いていますが、「韓国好き女子」以外の新しいファン(特にビジネスマン〜中年男性)を取り込めるのではないかと思います。(今回も、観客の層がまさにそんな感じでした)

内調って実際にあんななの?

この映画を観て、一番衝撃を受けるのが、松坂桃李が勤務する内調と呼ばれる内閣情報調査室の描写。
政権の維持を図る情報機関として、総理と直結している組織。世論をコントロールするような仕事を行う様子が描かれます。

実際にはかなりベールに包まれた組織ということなので、映画で描かれている内容はあくまでフィクションということなのですが…。

↓ 「内調とは?」原案をつくられた望月衣塑子記者も出演しています。

↓ こちらはかなりネタバレなのでご注意を。

映画『新聞記者』本物の記者・内調関係者が語る「いい点と悪い点」

実際、内調が映画で描かれているような仕事をしているのかどうかはわかりませんが、改めて「私たちが日々触れている情報が、誰かにコントロールされている可能性がある」ということに、気付くきっかけになったとのでは思います。

海外から日本を見てみて、しかも、何かと話題になる韓国で暮らしてみて、どれだけ報道の情報がいい加減で、恣意的に捻じ曲げられているかということを痛感する機会が多くなりました。なので、今回の映画はとてもタイムリーで、海外在住者として日本の状態を外から見て感じていた違和感と一致する部分が多々ありました。

なお、この映画、NYでも公開されたそうです。

映画「新聞記者」がNYで満員上映、アメリカ人観客が笑ったところは?

どこで観られる?

私が見た7月上旬は、都心だと有楽町のマイナーな映画館でしかやってなかったのですが、今見ると、新宿ピカデリーや渋谷ユーロスペースでも上映が始まったみたいですね!

「新聞記者」上映映画館情報/映画.com

★ 2020年3月追記:現在はAmazonプライムでも見ることができます。(レンタル500円)

created by Rinker
シム・ウンギョン、松坂桃李出演の社会派映画

まとめ

ということで、映画好きの方もそうでない方も、「今、観るべき」映画「新聞記者」。

ちなみに、シム・ウンギョンさんは、今は日本を拠点に活動していて、安藤サクラと同じ事務所に所属しているようですね。

シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

さらに、別の邦画にも出演するようで(「ブルーアワーにぶっ飛ばす」)韓国映画ファンとしてはこちらも応援したいところです。

ということで、この映画、観ていない方は、是非是非観に行ってみてください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※画像はすべて、©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

映画「新聞記者」(邦画)

8+