ヨ・ジング&シン・ハギュン「怪物」序盤視聴感想・キャスト・あらすじ・日本放送・韓国視聴率

韓国ソウル在住
ブロガーMisa
韓国で現在6話まで放送中の「괴물 (怪物)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、どんなドラマか?(キャスト・韓国での反応・日本での放送予定など)を紹介していきます。

「怪物」はこんな作品

現在、韓国で6話まで放送している「괴물 (怪物)」ドラマ好きの視聴者の間で、評価が非常に高く、私も今クールの中では最も注目して観ている作品です。

主演はヨ・ジングとシン・ハギュン。主役の二人が警察で、連続殺人事件を追うという点では、最近あるあるな設定であり、キャストも決して派手ではなく、どちらかというとと〜っても地味な作品なのですが…

俳優たちの演技力と、読めそうで読めないストーリー展開が、特にサスペンス好きの視聴者を唸らせています!

特に、シン・ハギュンの演技がとっても不気味で、凄すぎ…!!!

ヨ・ジングも、ベテラン俳優に負けず劣らず良い演技をしていて、見ごたえがあります。

内容にもキャストにも、決して派手さはないので、万人受けする作品ではありませんが、韓国視聴者の間でも「秘密の森 シーズン1に似たような秀逸さがある」と評価されています。

「怪物」あらすじ・キャスト

田舎町の派出所で働くトンシク(シン・ハギュン)。

そこにある日、警察庁次長の父を持つ、エリート警部補ジュウォン(ヨ・ジング)が赴任してきます。

トンシク(シン・ハギュン)は、20年前に双子の妹が失踪し、指先だけ発見されるという事件を未だに追いかけながら、田舎の派出所では「事件」とは程遠いような、町の人達の困りごとを解決する日々を送っています。

実は、ある事件を調べるうちに、20年前の事件とトンシクに疑いを持ち、調べるためにやってきたジュウォン。

行動をともにすればするほど、怪しい点が多いトンシク。そして、平和なはずの田舎町で再び起こる20年前と類似の事件…。

1話から「誰が”怪物”なのか…?」という問いを視聴者に投げかけながら、主人公でありながら最も怪しい人物、トンシクを起点として、話数を重ねるごとに新しい人物が怪物に見えてくる、巧みなストーリー展開です。

しかし、シン・ハギュンの不気味すぎる演技は、毎回鳥肌モノ…!

「登場人物全員が犯人に見える」という点でも、「秘密の森1」に似ていると言えます。

「愛の不時着」では、ちょっと抜けてるユン・セリのお兄さんを演じていたチェ・テフンさん。「悪の花」に続き今回もサスペンスで、シン・ハギュンに負けない演技力を見せています。

「愛の不時着」「梨泰院クラス」に出演し、「哲仁王后」で大ブレイクしたチャ・チョンファさんもカメオ的に出演。

若手では、「人間レッスン」に出演したナム・ユンスも出演。(しかし、この彼の発音がどうも聞き取りにくくて苦戦中…笑)

田舎で家族のように付き合っている登場人物たちが、実はそれぞれお互いを疑っており「誰が誰を疑っているのか?誰をかばっているのか?」という心理戦が面白く、ネット上では視聴者による「怪物なのは誰か?」という予想合戦が繰り広げられています。

「怪物」視聴率・韓国での評価

「怪物」の韓国視聴率も紹介しておきましょう。深夜23時からの放送ということも考えると、視聴率は決して低いわけではないのですが、同じ枠で過去に「夫婦の世界」は2話から10%を超えて、最高28.4%を記録したことを考えると、決して一般的なヒット作とは言えない水準。

ただ、ネット上で他のドラマの掲示板を見ていても、

やっぱり、今クールは”怪物”が一番、演技・演出・脚本がよい
周りにオススメ聞いたら”怪物”が一番って聞いたんですが、どうですか?
といった書き込みを見かけることが多く、新作ドラマを一通りチェックするようなドラマ好きの視聴者の間では、評価が高い作品となっています。

「怪物」監督・脚本家情報

監督:シム・ナヨン(「18の瞬間」)
脚本:キム・スジン(「マッドドック」)
オン・ソンウ主演の「18の瞬間」の監督さんに、ユ・ジテ、ウ・ドファンの「マッドドック」の脚本家さんのタッグ。今回、演出がすごいので、サスペンスの経験がある監督さんかと思いきや、プロフィールを見るとサスペンスが初めてのようでびっくり。
脚本の方は、現在6話で、張りまくっていた伏線が少しずつ解き明かされてきているので、このまま最後まで、視聴者を唸らせる展開になることを期待します…!

「怪物」日本放送に関する情報

「怪物」の日本放送に関しては、残念ながらまだ情報がありません。韓国でもNetflix配信ではないので、CSでの放送となると思いますが、すご〜く地味なので(笑)、ヒット作が多いMnetやKNTVではやらないような予感…。

邦題は、「モンスター」とかになって、なにかサブタイトルが付けられそうと予想します。
(でもドラマの雰囲気からすると「モンスター」より「怪物」という感じ)

また日本放送に関する情報を入手しましたら、こちらでも紹介したいと思います。

チョ・スンウ&ペ・ドゥナ主演「秘密の森シーズン1」の台本集①

まとめ

ということで「괴물 (怪物)」についてあらすじ・キャスト・韓国での視聴率などをご紹介しました。

「悪の花」のように恋愛の要素があるわけでも、「秘密の森」のように俳優が豪華なわけでもないので、純粋にサスペンス好きの人向けの作品かなと思います。サスペンス好きの方は、日本放送の際に是非見てみてください…!

괴물 (怪物)
韓国放送:2021年2月19日~
JTBC 金・土ドラマ 23:00〜
公式HP
*写真はJTBCからお借りしました。

『愛の不時着』を倍楽しむ100以上のネタを詰め込んだnoteを公開中

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa今年「愛の不時着」に関して調査・考察したことをすべてまとめたnoteマガジン「不時着のすべて」を公開しました。「不時着のすべて」とは?今年『愛の不時着』を観た皆さんから、ブログにたく[…]

おすすめ記事

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国でヒットを記録した「悪霊狩猟団 カウンターズ(原題:驚異的な噂)」が1月31日から日本のNetflixでも公開されます。これから観る方向けに、作品のあらすじ・みどころ・韓国でヒットした理[…]

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa「秘密の森シーズン2」を視聴するために、必要な背景知識や登場人物関係図について紹介します。(ドラマのネタバレはありません)韓国人でも難解⁉「秘密の森 シーズン2」いよい[…]

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisaNetflixオリジナル映画として配信中の「ザ・コール」の概要・キャスト・監督情報をネタバレなしで、後半はネタバレありで話題になった結末について解説します!「ザ・コール」はこんな作品[…]

+8