「女神降臨」序盤視聴感想・韓国視聴率・あらすじ・みどころ

ソウル在住
ブロガーMisa

韓国で放送中の「女神降臨(여신강림)」について、実際に6話まで視聴した私が、これから観る方に向けてどんなドラマか?(キャスト・韓国での反応・日本での放送予定など)を紹介していきます。

「女神降臨」はこんな作品!

「女神降臨(여신강림)」は、韓国で人気の同名Web漫画のドラマ化ということで、放送前から注目を集めていた作品。

外見にコンプレックスを持った女性がお化粧で変身するというストーリーで、主役はムン・ガヨンと、元祖「顔天才」ことチャ・ウヌ!

学園モノ&ラブコメであまりにも漫画!って感じだったので、私は実は全然期待していなくて、1週目の時点では「う〜ん、大人には厳しいかな・・?」と思ったのですが…2週目(3話)あたりから面白くなり、6話現在、結構ハマっております!!(笑)

私はどちらかというと、深くてメッセージ性のある作品が好きなんですが、逆にこれくらい振り切ったわかりやすいラブコメも好きです!
気楽に見られて癒やされる(笑)

ということで、「女神降臨」の魅力を解説していきます!

「女神降臨」あらすじ・キャスト

ムン・ガヨン演じるイム・ジュギョンは、顔が醜いという理由で、学校でいじめに…。

そんな時、優しくしてくれた食堂の職員に片思いし告白しますが、酷いセリフでこっぴどく振られてしまいます。
「もう、こんな人生嫌だ…」と屋上から飛び降りようとする、ジュギョンですが…

そこに偶然、居合わせたチャ・ウヌ演じるイ・スホに止められ、我に返るジュギョン。

その後、ネット上の仲間たちから「顔のコンプレックスはメイクで十分にカバーできる」というアドバイスを貰い、メイクの練習を初めるジュギョン。

ちょうど、家の都合で学校を転校することになり、転校をきっかけにメイクアップで別人に変身します。

その学校には、あの時屋上で出会ったスホがいて…という、いかにも漫画的な展開で学園物語が始まっていきます(笑)

序盤は、いかにも漫画っぽい演出と、外見でいじめられる展開などが、ちょっと気になったのですが…

途中からは、「花より男子」や「相続者たち」を彷彿とさせるツンデレ男性主人公とピュアな女性主人公の王道の展開に、わかっていてもついついキュンとしてしまう感じでだんだんハマっていきました(笑)

「花より男子」や「相続者たち」にも共通する点ですが、この手の作品にハマってしまいやすいのは、まず女性主人公のキャラクターの好感度が高いこと!

かなりの変わり者&オタクであるジュギョンなんですが、最初は違和感あったものの、純粋で面白いキャラクターに、だんだん化粧バッチリでもすっぴんでもどちらも可愛らしく見えてきます(笑)

というのも、ムン・ガヨン、演技が上手!

大人っぽい外見の割には、声もとても可愛らしくジュギョンという役柄を外見だけでなく、キャラクターとしても魅力的に演じていると思います。

私も今回の作品で初めて観た女優さんでしたが、ラブコメを上手に演じられる女優さんだな〜と思いました。

そして、なんといってもチャ・ウヌ!!!

演技は決して上手な方ではないのですが、もうここまで顔天才なら、細いところは気にならない…!(笑)
普段はイケメンより、演技がうまい俳優さんが好きな私ですが…

いや〜、もうチャ・ウヌは存在だけで尊い(笑)
↑結局、思いっきりイケメンにハマってるw

『女神降臨』では、『私のIDはカンナム美人』以上にキュンとさせられる場面が多く「みんなが観たいチャ・ウヌ」が見られるドラマだと思います!

そして、このドラマで私がハマったのがハン・ソジュン役を演じた、ファン・イニョプ…!

初めは「イ・ジュンギに雰囲気似てるな…」というぐらいの印象だったのですが(笑)

演技力もあり、このドラマでのキャラクターがとても魅力的。ドラマを観終わる頃には、私のようにハマる方も多いのではないでしょうか。

「女神降臨」魅力的な助演陣

そして『女神降臨』のもう一つの魅力が、主役の脇を固める助演陣。最近、ハマるドラマってみんな助演も良いんですよね。(逆に助演が微妙だと観なくなってしまう…)

ジュギョンのお父さん役には、「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」ほか、様々なドラマで活躍しているパク・ホサンさん。この方が出てるだけでとりあえず観てしまうぐらい好きな俳優さん。(しかも今回、裏で別のドラマにも出演中)

そして、お母さん役は、『パラサイト』でブレイクし、『愛の不時着』ではダンママを演じたチャン・ヘジンさん。
今回も、めちゃくちゃ面白いキャラクターで出演。笑わせてくれます。もうこの父母だけで、観たくなっちゃう(笑)

個人的には、大好きだった『天気が良ければ訪ねていきます』に出演したイム・セミさんがジュギョンのお姉さん役なのもいいんですよね〜!

学校の仲間たちは、フレッシュなキャストが多いんですが、最近学園モノの友人役と言えばおなじみで、『SKYキャッスル』『私のIDはカンナム美人』にも出演していたパク・ユナちゃんも出演しています。

「女神降臨」のカメオやパロディが楽しい!!

そして私がハマってしまったもう一つの理由が、『女神降臨』ではちょいちょい差し込まれるパロディやカメオ出演が面白いこと!!

カメオでいうと、なんとなんと『ドドソソララソ』の撮影を終えたばかりのイ・ジェウクが登場し、大興奮!!(笑)

過去に出演した他局のドラマ『偶然見つけたハル』のキャラクターで登場します。
(写真もあるんですが、皆さんのお楽しみのために載せないでおきますw)

これはどうやら、『偶然見つけたハル』の監督が今回の監督を努めているからのようです!

そして、パロディに関しては、明らかなるパロディと、実はよく見るとパロディというのが混じっているのですが、私が気がついた限り
『愛の不時着』『ペントハウス』『ザ・キング 永遠の君主』などのパロディと思われる演出があって、ところどころクスッとさせてくれます。

「女神降臨」視聴率・韓国での評価

『女神降臨』の韓国視聴率も紹介しておきましょう。1話が3.6%で始まり、最新の6話まで3%台が続いています。
漫画っぽい演出とラブコメの中でも王道な感じで、韓国ではヒットするタイプの作品ではないので、視聴率はまあ想定通りかなという感じ。

私の周りの韓国の友人の中には「ちらっと観て恥ずかしい感じがして観られなかった」という人もいましたが(笑)…
私は、気軽に見られるラブコメとして結構楽しめています。

1,2話に比べ、3話からテンポがよくなってきたので、少し視聴率が上がるかなと思ったのですが、残念ながらNetflix配信ではないのも、視聴率が上がりにくい一因ではないかと思います。

なお、原作とのシンクロ率は?というと…
ポスターはなかなかのシンクロ率!!

放送序盤では、原作ファンから「漫画そのままの演出がドラマとして観ると恥ずかしい」といった声がありましたが、現時点ではストーリーや演出に適度な原作との違いがあり、原作ファンも楽しんで観ているようです。

『愛の不時着』日本語版:台本集(上巻)

「女神降臨」監督・脚本情報

監督:キム・サンヒョプ(偶然見つけたハル、トンイ)
脚本:イ・シウン(トップスターユベク)

今回は原作漫画がありながらも、監督も脚本家もキャリアがある方が担当しています。

なお「女神降臨」と言えば、作品だけでなく、漫作者である漫画家のヤンオイさんも注目の的。漫画の主人公と作者本人がシンクロ率100%で美しすぎると話題に!!

私もドラマを始まる前にインタビューを見たせいで、逆にドラマの初回はムン・ガヨンのシンクロ率が低く見えてしまったほど(笑)

漫画では、自分が思っている恋愛における理想的な展開をたっぷり盛り込んでいるそうです。(アイディアの元は、ドラマであることが多いんだとか!)

Instagramを見る限り、ご本人は圧倒的な外見へのこだわりがあるようなので、この方がジュギョンのキャラクターを描いているというのも不思議な感じがします。

「女神降臨」の日本放送に関する情報

「女神降臨」の日本放送については、2021年4月からMnetでの放送が決まりました!

4月4日(日)19:00〜 1話先行放送
4月23日(金)21:00〜 放送スタート
Mnet番組公式HP

まとめ

ということで、『女神降臨』のあらすじ・キャスト・見どころなどをご紹介しました!

『花より男子』的なラブコメ・学園モノが好きな方、それから『私のIDはカンナム美人』でチャ・ウヌにハマった人には特にオススメな作品。序盤は色々気になるところがあるのですが、3話からは面白くなるのでぜひ見てみてください!

追記:最終話まで楽しく視聴しました…!

여신강림(女神降臨)
2020年12月9日〜2021年2月4日までtvN 水・木ドラマ
全16話/最高視聴率4.6%
公式HP

『愛の不時着』を楽しむ100以上のネタを詰め込んだnoteを公開中

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa今年「愛の不時着」に関して調査・考察したことをすべてまとめたnoteマガジン「不時着のすべて」を公開しました。「不時着のすべて」とは?今年『愛の不時着』を観た皆さんから、ブログにたく[…]

オススメのラブコメ作品

関連記事

ソウル在住ブロガーMisa韓国で放送が始まっている「ドドソソララソ」について、実際に6話まで視聴した私が、これから観る方に向けて、どんなドラマか?(キャスト・韓国での反応・日本での放送予定など)を紹介していきます。[…]

関連記事

こんにちは、Misaです。毎週の楽しみだったドラマが、今週一つ終わってしまいました…。こちらで、初回放送後のレビューを書いていた「真心が届く」。今、完全にロスに陥っています…。(毎回これが辛い…笑)[blogcard url="https[…]

*ドラマの写真はすべてtvNのHPからお借りしました。