【イベントレポ】ドラマ「ボーイフレンド(남자친구)」の話題満載!2019 パク・ボゴム ASIA TOUR in Seoul

ドラマ「ボーイフレンド(남자친구)」の余韻が残る、最終回放送から3日後の1月26日に、パク・ボゴムの韓国でのファンミーティングに行ってきました!!

日本では、いろんな俳優のファンミに行ったことがあるのですが(ドラマの度にハマるので…笑)、韓国でのファンミーティングは今回が初めて!色んな意味でドキドキしながら行ってきましたが、やっぱり韓国でのファンミは日本とは一味違いました!

このASIA TOURは、これから日本でも開催されるとのことですが、韓国ではドラマの内容が中心だったため、ドラマ未放送の日本とはおそらく内容が異なると思われます。

ということで、日本のファンの方も、行った気になれるように、詳細レポートしたいと思います!
※一部、ドラマのネタバレが含まれますので、ネタバレにはマークを付けますね。
(長くなりますので、もくじをご参照ください!)

会場:高麗大学 ファジョン体育館

今回の会場は、高麗大学のファジョン体育館というところ。ファンミーティングやコンサートでもよく使われる場所です。

収容人数は8000人で、大学の体育館としては最大規模らしいです。

建物の中に入ると、花輪や(広告やってるスポンサーからが多かったです)

写真スポットがいくつかありました。(これはもしかして、ファンからの贈り物だったのかな!?)

そして、ボゴムの仕事のオフショットを撮影したポラロイド写真!

よく見ると、すべてにサインが入ってます…!

この辺は、日本のファンミと変わらない感じ。唯一違うとしたら、受付ですかね。
荷物チェックとか、本人確認もなく、チケットの半券渡すだけですっと入れました。

開演前

会場はこんな感じで、ステージから真ん中まで花道があり、

席は2階まで。本当に体育館って感じで、コンサート会場よりは、2階席でも結構近く感じました。

今回のファンミーティングのタイトルは、Good Day(좋은 날) 。ファンの意見から選んで決めたタイトルとのこと。

お客さんの層は、日本と比べるとやはり圧倒的に若い人が多い感じ。チケットの値段が、日本の半額くらいなので、それも大きいと思います。あと、ボゴムファンならではかもしれませんが、小さい子どもも多く見られました。

あと、男性も意外といましたね~。カップルで来ている人も何人か見かけました。これは、韓国ファンミの特徴なのかな~。そして、やっぱりEiDERのダウンコート率高し!(ボゴムがCMやってますからね~)

な~んて、色々観察していたら、、突然、右隣りの人が飴をくれたり、左の人に「どこから来たんですか~?」と話しかけられました。1人で来ている人が多い席だったのもあるんですが、やっぱり、日本よりフレンドリー!笑

私も実は、日本のファンミでも1人で行くと、隣の人に話しかけようかな~と思うことがあります。せっかく同じ趣味なわけだし。でも、なかなか恥ずかしくてできない。笑  韓国のファンはさすが、積極的です!

なお、今回のこのツアーには、公式グッズが一つだけありました。↓こちらの応援棒!
通称、ボボム!(보봉)

これ単なるペンライトだと思ってたら、結構すごいんです。自分たちの操作と関係なく、突然色が変わったりするんです!例えば、↓一斉に付いたり消えたり、色が変わったり。無線で自動制御しているようです。(最近のコンサートでは当たり前なのかな…?)

これは、日本のファンミでも使われるみたいですね!私は買いそびれてしまったのですが、是非買うことをお勧めします!

しかし、俳優のファンミで、ペンライトとは珍しい。でも、始まってみたら、その理由がわかりました。(これは後ほど)

ちなみに、この応援棒、ボゴムがキューバで撮影中にデザインしたそうです!
ボゴム自身は、本当はもっとハートのデザインを入れたかったんだけど、シンプルな形に収まったんだとか。

オープニング~1年間の振り返りトーク

そして、照明が暗くなって…いよいよ、始まりました!歌を歌いながら、登場するボゴム!(やっぱり!)

いや~、でもバックバンドまで居て、映像の演出も綺麗。日本のファンミだと、舞台演出ってここまで凝ってません。まるで普通のコンサートの歌手なみの演出。(これって、ボゴムだから!?)

登場一発目の一言が、「みなさんのナムジャチング、パク・ボゴムです」
ドラマの余韻が残りまくりの私たちには、嬉しい一言!さすが、わかってる!(笑)一気に黄色い歓声が上がります。

そして、日本のファンミと同じように、司会の女性の方も出てきました。

この方、お名前がわからなかったんですが、日本のファンミでおなじみのユミさん(李 由美さん)と感じがとてもそっくり!(ということで、ここからは勝手に韓国版ユミさん=Kユミさんと呼ぶことにします。笑)

↓こちら、最後に取った写真

小柄なところも、テンションが高くて、ファンの気持ちを代弁して盛り上げてくれるあたりもそっくり!ほんと進行が面白くて爆笑でした。

最初は、動画を見ながらこれまでの1年を振り返る、というコーナー。
(ここからは、できるだけ覚えているボゴムの発言も紹介していきます。韓国語を聞き取れた限りなので、詳細のニュアンスは若干異なるかもしれませんが、ご了承ください。)

チェジュ島での広告の撮影や、キューバでの撮影の様子など。

ボゴム「キューバでは、2週間ぐらい撮影しました。街中に音楽が流れていて、本当に自由な雰囲気で素敵な場所でした。」

Kユミさん「すでに、ドラマを見てキューバ旅行の計画をしているファンの方もいるかもしれません。オススメは?」
(中略)
Kユミさん「みなさん、キューバでキム・ジニョクのような男性に会いたいですよね~!あの塀のところで座って、靴を落としてみては!?」

ボゴム「危ないから、やめてくださいよ~笑」

Kユミさんの盛り上げ方が、本当にユミさんっぽくて笑えました。
それから、初めてのロン毛についても話してました。

ボゴム「初めてだったので、どんな感じが似合うか、様子を見ながら伸ばしてたんですが…微妙でしたね 笑」
(ここで、ファンから「そんなことないよー!」「かっこいいよー!」の声援)

ボゴム「僕の後ろ姿見て、”おばさん”って言われたのがショックでした~」「あっ、おばさんを馬鹿にしたわけじゃないです、すいません(焦)」

本人は意外と気に入ってなかったようで、ロン毛の写真が出るたびに、苦笑いしてました。

あと、驚いた演出が1つ。入口でも飾ってあった、サイン入りポラロイド写真!

なんと、Kユミさんから「サプライズ!」とということで、「みなさんの座席の裏に貼ってあるかも!?」とアナウンスがあり、会場全員が一斉に座席の裏を確認しました。笑

しかし、実際に貼ってあったのは、ほんの一部の人たちだけだったようです。(でも、みんなしばらくずーっと自分の席のあちこちを触って、探しまくってました)

ドラマの話が満載!Q&Aと名シーンランキング

※ドラマのネタバレが含まれます※
そして、続いて、ファンからあらかじめ集めた質問に答えるQ&Aのコーナー。やはりここでは、ドラマの話題が中心に。
ドラマが終わってからボゴムが初めてドラマについて語る場ということで、ファンも興味津々です。

Q:ナムジャチングの台本を読んで、出演を決めた理由は?
A:「ジニョクというキャラクターの人間性に惹かれました」
「彼を演じたことで学ぶことも多かったです。日常の些細な幸せを感じることの大切さを教えられました」

ここで、Kユミさんが、「ジニョクのキャラクターは100%、ボゴムさんとシンクロしているように見えましたが?」と、またファンの思っていることを聞いてくれます。(「そうそう!」みんな、頷いています)

ボゴム「そうですね、似ている部分もありますが…、まあ僕とは別ですよね 笑」
「前向きな性格は、似ていると思います。でも、僕はあんなに成熟していません。笑」
「できるだけ、ジニョクの人間性をしっかり表現できるように、意識しましたが、うまくできたかどうか…」

「この作品を通じて、ファンの皆さんがたくさん応援してくれました。また個人的にいろんな意見ももらったり…。それもしっかり受け止めて、自分が改善できるところは、できるだけ努力するようにしましたが…まだまだ、不足な部分も多いです」

実は最初登場した時から、ちょっと寂し気な雰囲気も感じて、「ドラマ直後で疲れてるのかな~」と思ったのですが、この部分で、少し本音が見えた気がしました。

韓国でもドラマはおおむね好評だったのですが、やはり視聴率は少しずつ下がったりしていて、一部では「ソン・ヘギョの演技がうますぎて、ボゴムの演技が…」なんて声も見られました。(ファン目線では、十分に感情移入できたんですが)色々と葛藤があったんだろうな~と思います。

さらに、こんな話も出ました。

Kユミさん「お母さんが、ジニョクに内緒でスヒョンに会いに行ったのを知っても、何も言わないジニョクってすごいなって思ったんですけど(一同、頷く「そうそう!」)ボゴムさんだったらどうです?」

ボゴム「いや、普通に”何してんの!?”って聞いちゃいますね(笑)」

もちろん、み〜んなドラマ見てるので、とにかく共感しまくりで、楽しかった!!

そして、引き続いて、「ファンが選ぶナムジャチングベストシーン」
ちょっと、順位の記憶があいまいなのですが…こんな感じでした!

5位 キューバでスヒョンを気遣うジニョク(一緒に靴を脱いで歩く)
4位 積極的に思いを伝えるジニョク(ソクチョホテルに戻って「会いに来た」と伝えるシーン)
3位 電話で歌を歌うジニョク
2位 会社のみんなの前でスヒョンを守るジニョク(ラーメン食べに行きましょう、のシーン)
1位 酔っ払いジニョク(スヒョンに絡んでイカを食べさせるシーン)

4位のところのトーク。

Kユミさん「ボゴムさんは、積極的に思いを伝えるタイプですか?」
ボゴム「僕もできるだけ相手に愛情表現したいとは思っているんですが、そこで相手の負担になるかも、ってちょっと立ち止まってしまうんですよね」

ここで、ファンの叫び「気にしないで来て〜!!!」→ 会場、爆笑。

そして、ここで「実は一番緊張したのが、ビデオ電話のシーン」という話になり。ボゴムからの突然の提案。

ボゴム「ファンの皆さんが僕に電話をかけて、電話で話すってのはどうですか!?」

ええ〜!突然(という、演出だったかもしれないが…)そんなことやっちゃうの!?ということで、Kユミさんも「台本にないこと突然言いますね!」と驚きながら…日本のファンミだったら、なかなか無いであろう展開が続きました。

スタッフの携帯電話が、ボゴムに渡されます。そして、そのスタッフの番号を公開するので、一番にかけてつながった人がボゴムと電話できるというもの!

私と隣の人は「恥ずかしくてできない〜」と苦笑いしていたら、番号が画面に映し出された瞬間、みんなすごい勢いで電話かけてました!笑

そして、ラッキーにも電話がつながった2階のファンの方。ボゴムが名前を呼んでくれて、ドラマのあのシーンのように、電話越しに歌を歌ってくれます!ファンの方、最後には涙目になってました。うらやましい〜!

↓電話越しに歌うボゴム(右側)と、感動して涙ぐむファン(中央)

ドラマ共演者のあの人が登場!

※ドラマのネタバレが含まれます※
突然の電話コーナーで、テンションが上がったところで、さらに嬉しい展開が。なんと、ナムジャチングで共演したあの人が登場!

↓弟くん役の子!知らなかったのですが、この子K-popグループの子なんですね。BlockBというグループのP.O(ピオ)くん。

兄弟役でしたが、二人は実は同い年のようで、撮影を通じてすごく仲良くなったとのこと。

撮影の裏話も聞けました。

最終話近くで、ジニョクの悪口を言われて、友達とけんかしてしまったジンミョンと兄弟二人で公園のジャングルジムで話すシーン。ボゴムが弟にチュッてキスをしたのは、ボゴムのアドリブだったよう!

ボゴム「ノリでチュッてしようとしたのに、こいつが以外にそのまま受け入れようとするから、焦りました(笑)僕が変みたいじゃないですか!」

弟くんのほうが、ボゴム好き〜って感じが出てて、二人、終始ラブラブな雰囲気が可愛かったです!!動画も上がってました!Kユミさんのノリのいい司会の様子も見られます。

プレゼントコーナー

弟くんが惜しまれながら帰った後は、ボゴムからファンへのプレゼントコーナー。この辺は日本のファンミでもやりそうな内容。

まず、アロマキャンドル作りに挑戦。ファンの意見を聞きながら、中に入れる小物や色などを決めていきます。
意外とおおざっぱだったり、男らしい一面も垣間見ることができました。

出来上がった世界のたった一つのアロマキャンドルは、ボゴムが座席の番号を引いて、会場の一人にプレゼント。

続いては、スポンサーからのプレゼントコーナー。これは、韓国ならでは!
ボゴムがCMをしている各スポンサーから、全員へのプレゼントだったり、数名にサイン入り商品をプレゼントしたり。なんと、家電やベットまで含まれていました。

ここ、ちょっとプレゼントの仕組みが聞き取れなかったんですが、商品の紹介だけで、日本のファンミみたいに、舞台に一人ずつ上げて…というのはなかったです。(あとで、ネット上とかで抽選するんでしょうか…)

あの、舞台で一人ずつ手渡し…というのは、日本のファンミの規模だからできること&多分、チケット代が高い分のサービスなんだな~と思いました。

逆に韓国では、この規模・内容で日本よりずいぶんチケットが安いのは、スポンサーの支援も大きいのかな?(もしくは、日本が高すぎるだけ、なのかも)

という感じで、日韓のファンミの違いが分かったコーナーでした。

コンサート開幕!

そして、いよいよここからは、ボゴムのオンステージの始まり!一番聞きたかった「星を観に行こう」が始まると、なんとボゴムが2階の客席から登場!!

歌いながら、2階の客席の間をぐるっと周ってくれました!!

私の席の近くにも来たのですが、みんな立ち上がったので、一瞬しか顔が見られなかった…。残念。

韓国のファンは激しい、と聞いていたので、こういう「ファンの近くに来る演出」ってやらないのかなと思ってたんですが、れて、かなり意識して近くに来てくれで、どの席のお客さんも楽しめるような構成になっていました!

舞台に戻ってからは、しっかりバラードを聞かせてくれました。やっぱりこの曲好き〜。(星を観に行こう)これは、日本でも歌うでしょう!!

ここからは、ボゴム一人で進行。

ボゴム「ドラマの撮影もあり、正直、100%完ぺきに準備できたとは言えなくて…申し訳なく、残念な気持ちもあるんですが、出来る限り、今日がファンの皆さんの記憶に残る素敵な良い日(GOOD DAY)になるように、心を込めて歌いたいと思います。」

舞台映像もとっても綺麗でした!日本でもこれくらいやってほしい〜。

曲は、ボゴムのオリジナルっぽい曲や、他のファンミでも聞いたことのある「ファンへの感謝」的な曲が続きました。

本当に、曲の歌詞にメッセージを重ねているようで、歌詞が大きく映し出される演出もよかったです。

そして、ボゴムらしいバラードが続いたと思ったら…次は、ダンサーと一緒に踊りながらラップを歌ったり、ノリノリの曲が続きます。

いや~、これ十分に準備してるでしょ!!

ピアノまで弾いちゃうんだから!!笑 なんて器用なの…。というか、色んな姿を見せようという、ファンへの想いが伝わってきます。ありがとう!ボゴム〜!

動画上がってました。「僕の心だから、歌詞よく聞いてね」と言って歌ってくれた曲。

ドラマのOSTを歌ったところも良かった!ドラマの映像とともに歌ってくれて、ほんと最高でした。

途中歌いながら、何度も涙ぐんじゃうボゴム!!周りから「ボゴム、ウルジ マ〜(ボゴム、泣かないで〜)」という声が何度も聞こえました。

しかも、後ろの席の人が「前回のファンミもこんな感じだったの。涙なしでは語れない男、ボゴム(笑)」と話してる声が聞こえました。そうなのか~!ボゴム!可愛すぎるぞ〜!!笑

ここで、一度幕が閉じるのですが…もちろん、アンコール!!
ファンミというより、もはや歌手パク・ボゴムのコンサート状態!?

だから、ファンミーティングなのにペンライト(応援棒)が必要だったんだ〜!

そして、再登場したボゴム。ここが、めちゃくちゃ可愛かった!!まさかのTWICE!!会場の興奮MAXです!!

可愛すぎる~!!しかもこれ、練習はじめたの一昨日だって!!

Kユミさんも再登場し、ここでフォトタイム。

「あれ…?これって、一応写真NGだったんだ…」ここで初めて気が付きました。(薄々、気が付いてはいたけど…笑)

ボゴム「っていうか、皆さん最初から、写真も動画も撮りまくってましたけどね~笑」

そう、みんな撮りまくりだったので、便乗しちゃいました(ゴメンナサイ♪)

見た感じ、日本のファンミに比べて、数が多いのに警備にはあまりお金かけてない感じで、席の近くに全然スタッフさんいないんですよ。(日本だと、これでもかっ!って感じで、舞台に背中向けて立ってるけど)

なので、つい…ね。(笑)こういうユルさ、韓国ならではですね。(韓国人の知り合いに話したら、事務所の方針でわざとそうしているのかも、とのこと)

そして、カメラマンさんが来て、ファンと一緒に写真撮影。

お土産&メッセージカード

なお今回、韓国のファンミで驚いたのが、先に紹介したスポンサーからのサポート。
座席に一人ひとり、こんなオリジナルの紙袋が置いてあり(最初、誰かの荷物だと思って焦りました)

中を見ると、スポンサーからの試供品が!(コーラは終了後、外で配ってました)

そして、会場の外で、ボゴムからのメッセージカードも配布していました!

ボゴムの直筆、カワイイ!!裏は写真があって、ポストカードみたいになってます!

いや~、これが全員に配られるって、何気に嬉しい。直筆は韓国語だけでいいから、日本語訳つけて日本でもやってほしいですね!!

感想

本人は「準備できていなくて申し訳ない」と言いながら、約15曲ぐらいのジャンルの違う曲をしっかり歌って、ダンスにピアノにラップに、会場の隅々の場所までのファンサービス。凄いボリュームで大満足でした!!

なお、毎回ファンミに行くと、台本があるとは言えなんとなくその俳優の素の性格、みたいなのが少しわかる気がします。

今回、ボゴムのファンミが初めてだったのですが、個人的な印象としては、意外と等身大というか、普通の感覚がある感じの子だな~と思いました。
よく聞くように、「天真爛漫」ってでもなく、普通に悩んだり、立ち止まったりしながら前に進んでいる感じ。自分の見せ方はよくわかっているけど、慣れすぎていないというか。

本人も、「自分はジニョクほど成熟していない」と言っていましたが、まさに、ナムジャチングのジニョク的な明るさ・誠実さがありつつ、もう少し現実的で、繊細さもあるかなって感じがしました。

そして、韓国のファンミだと、やはり日本より俳優もリラックスしてる感じだし、通訳がない分、トークもボリューム満点!ファンもフレンドリーだし、俳優も直接ファンに声をかけられるのもあって、日本のファンミより一体感があります。

逆に人数が多いので、ファンが舞台にあがったり、全員でハイタッチみたいなことはできないのですが、全体を通してとても満足度が高かったです!特にボゴムの場合は、歌も歌えるので、これだけ盛り上がったんだと思います。

韓国ファンミ、楽しいな~。ハマりそうです。特にドラマ見た後のファンミは最高!!
逆に、まだドラマが放送されていない日本でのファンミは、どんな感じなのかも興味津々です。

ということで、ボリュームたっぷりになってしまいましたが…笑 日本のファンの方のお役に立ったら嬉しいです!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

2019 パク・ボゴム ASIA TOUR in Seoul
  • 2019年1月26日(土)16:00~19:00
  • 高麗大学 ファジョン体育館
  • 24+
    最新情報をチェックしよう!