「悪の心を読む者たち」キム・ナムギル主演:序盤視聴感想・キャスト・あらすじ・韓国視聴率

韓国ソウル在住
ブロガーMisa
韓国で現在6話まで放送中の「악의 마음을 읽는 자들(悪の心を読む者たち)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、キャスト・韓国での反応・日本での放送予定などを紹介していきます。

「悪の心を読む者たち」はこんな作品!

韓国で2022年1月14日からSBSにて放送が始まった「악의 마음을 읽는 자들(悪の心を読む者たち)」。主演はキム・ナムギル。

ポスターもかっこいい…!

韓国初のプロファイラーとして知られているクォン・イリョン氏&元記者のコ・ナム氏が書いた同名のノンフィクション小説をドラマ化したサスペンス。
この作品、観始めて5分で名作の匂いがして…1話終わったら、もう「名作きた〜!」と思いました(笑)
そして…キム・ナムギルの大人の魅力がやばすぎる!!!
今のところ、「シグナル」を観た時の名作感に近くて、今放送中のドラマの中でダントツのお気に入りです。
視聴直後の感想

韓国国内でも、とても評判が良いです!
でも、1月末に6話まで放送したところで、オリンピック中継のために現在3週間お休み中…。
でも日本でも楽天Vikiで字幕がつきはじめているということで、今日はこれから観る方に向けて、現時点での作品のあらすじ・キャスト・視聴率・序盤感想などをネタバレなしで紹介したいと思います。

「悪の心を読む者たち」あらすじ・キャスト

物語の始まりは、1998年。犯罪捜査の現場に、まだプロファイリングという概念が浸透していなかった時代。

キム・ナムギルが演じるソン・ハヨンは、いつも冷静に色んな角度から物事を考え、森と木を同時に見ることができる刑事。

このハヨンが、韓国初のプロファイラーと言われたクォン・イルヨン氏をモデルとして作られた人物です。

一見、冷たそうに見えて、実は共感能力も優れているハヨン。

キム・ナムギルは、前作「熱血司祭」も大ヒットさせ、韓国では「キム・ナムギルの出る作品なら間違いない」と言われている演技派です。

そして、早くから犯罪心理分析の必要性を感じ、保守的な警察組織のなかで新しい組織づくりに奔走するクク・ヨンスを演じるのは、こちらも演技派俳優として知られるジン・ソンギュ

ちなみに、「クク・ヨンス」ってカタカナにすると「その年、私たちは」の女性主人公の名前と同じですね(韓国語だと微妙に文字が違いますが)

ハヨンの能力がプロファイラー向きだと見抜いたヨンスは、ハヨンを引き連れて「犯罪行動分析チーム」を立ち上げることになんとか成功します。

チームに配属されたチョン・ウジュを演じるのはリョウン。

しかし、この当時は、まだまだプロファイラーという役割自体の重要性が認識されていなかった時代。「犯罪行動分析チーム」は現場の刑事たちに煙たがられながら、自分たちのやり方で、犯人の心理を分析していきます。

従来のやり方で犯人を追っていく現場刑事ユン・テグ役を演じるのは、キム・ソジン。(映画「南山の部長たち」「モガディシュ」などに出演)

とにかく犯罪者の心理を理解するため、刑務所に足を運んでは、凶悪犯罪者を中心にインタビューを実施

一方で、韓国でも猟奇的な事件や、サイコパス的な犯人による連続殺人事件が続いたのもこの頃。

「犯人探し」や「犯罪そのものの残虐さ」を描くのではなく、犯罪者の心理と犯罪を追う人たちに焦点を当てたサスペンスです。

「悪の心を読む者たち」韓国視聴率・監督・脚本家情報

「悪の心を読む者たち」の韓国視聴率についても紹介しておきましょう。

毎週金・土、地上波SBSでの22:00〜の放送。とにかく序盤1,2話の没入感がすごくて、「映画みたい!」「これは面白い!」と話題になり視聴率も上昇。

2週目の3,4話でちょっと緊張感が緩んできたので、視聴率が少し下がりましたが、それでも7%前後を維持しています。これで3週放送休止になった後の視聴率がどうなるか…!

視聴者の反応を見ていると、キム・ソジンが演じる女刑事のキャラクターと、彼女の演技が好みが分かれるようで、そのあたりはちょっと人気を左右するかもしれません。

確かに、今回はちょっと発音が違和感ある時ある…でも、好きな女優さん!

そして注目したいのが制作陣…!

監督:パク・ボラム(「熱血司祭」「ペントハウス」の補助演出)
脚本:ソル・イナ
これを観る限り、監督は初独り立ち作品のよう。(キム・ナムギルとは「熱血司祭」の縁なんですね!)そして、脚本家も過去作品情報がない。
でも逆に、最近私の中で、「新人・キャリアの浅い制作陣の作品のほうがむしろ斬新でイケてる」というのが定説になりつつあるので良い作品になるのではと期待しています。

「悪の心を読む者たち」見どころ

①犯人の心理と犯罪を追う人々に着目

「悪の心を読む人たち」がこれまでのサスペンスと異なるのは、犯人探しや犯罪の残虐さではなく、「犯人の心理」と「犯罪を追う人々」に着目しているところ。

2021年に百想芸術大賞で作品賞を受賞した「怪物」も、犯罪被害者と犯罪を取り巻く人達の「心理」に焦点を当てたものでしたが、もはや成熟しきったと思えるサスペンスジャンルにおいても、こうやって少しずつ着眼点を変えて新しい作品を出してくるのが韓国ドラマのすごいところ!

特に「犯人の心理」については、犯罪者役の役者さんがすごい演技が上手いので、キム・ナムギルとの対面シーンも毎回見どころの一つ。

知名度に関係なく、本当に演技がうまい演技派を厳選してキャスティングしているんじゃないかと思うぐらいです。おかげで、「犯罪者の心理」がすごく生々しく伝わってきます。

②実際の事件をモチーフにしたストーリー展開

そしてやはり、ノンフィクション小説が原作なだけに、登場する事件は韓国で実際にあった凶悪犯罪たちをモチーフにしています。

毎回、韓国のネット掲示板では「これはあの事件だね」と盛り上がっているため、おかげで私も実際の事件を調べてみたりする楽しみもあります。

例えば、深くは掘り下げられませんが、「華城連続殺人事件」などもちらっと登場します。1986年以降に、10代〜70代までの女性が殺害・強姦された事件で、映画「追憶の殺人」、ドラマ「シグナル」でも取り上げられた、韓国で最も有名な連続殺人事件であると言っても過言ではありません。

この事件は色んな作品でよく出てくるので、「殺人の追憶」を観ておくと、サスペンスものがより理解出来るようになります

また、最新6話で取り上げられているのは、2003年に起きたユ・ヨンチョル事件。20人以上がユ・ヨンチョルという犯人に殺された連続殺人事件で、Netflixで「レインコートキラー ソウル20人連続殺人事件」というドキュメンタリーにもなっています。

Netflixのドキュメンタリーには、このドラマの小説の筆者でもあるクォン・イリョン氏も登場します。

写真はこのドラマで俳優たちと対談した時の様子

ユ・ヨンチョル事件はもちろん、キム・ナムギルのキャラクターやドラマの状況を理解するのにもすごく役に立つので、このドラマを観る方は必見です!

実際にこの方が、韓国初のプロファイラーとして事件に関わってきた事実がベースなので、見ごたえがあります!

「悪の心を読む者たち」日本での放送予定

「悪の心を読む者たち」は、韓国でもNetflix配信はありません。そのため、日本でもNetflixでの配信は、CSでの放送の後、かなり先になると思われます。しかし、現在、楽天vikiでは少しずつ日本語字幕がついてきているようなので、待ちきれない方はそちらで。

制作発表会の時の写真。

日本での放送時は、邦題は、是非そのままでお願いしたいところです!

最後に

ということで「悪の心を読む者たち」について、現在6話時点でのあらすじ・キャスト・見どころなどをご紹介しました!

私は、オリンピック中継でお休みの間は「熱血司祭」を見返してしまうほど、すっかりキム・ナムギル沼にハマっているところです(笑)

また「怪物」のような、良質なサスペンスに仕上がるのではないかと期待しています。

ドラマの感想は随時、Twitterで共有しているので、気になる方はフォローを〜!

악의 마음을 읽는 자들(悪の心を読む者たち)
韓国放送:2021年1月14日
SBS 金・土ドラマ 22:00〜
公式HP
おすすめ記事
関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa2021年に韓国で放送されたドラマについて、私が選ぶベスト10作品と感銘を受けた名演技について紹介します!対象となる作品たち2021年は、新作ドラマだけで約50作品を視聴しました[…]

関連記事

韓国在住K-dramaライターMisa2021年の韓国ドラマを取り巻く環境の変化と、韓国コンテンツ業界の今後の展開について、韓国国内で最新情報をウォッチしているドラマ好きの視点で分析・予想します。韓国ドラマの転換点と[…]

関連記事

韓国ソウル在住ブロガーMisa韓国で現在6話まで放送中の「괴물 (怪物)」について、実際視聴した私が、これから観る方に向けて、どんなドラマか?(キャスト・韓国での反応・日本での放送予定など)を紹介していきます。「[…]

*画像はSBSからお借りしました。