【弘大】ブログ特典あり:便利な手荷物預り所を厳選紹介!

こんにちは、Misaです。韓国旅行の際に必要となる、スーツケースなどの手荷物預かり所。今日は、弘大(ホンデ)でスーツケースなど手荷物を預ける際に、便利なお店を紹介します!

というのも、「ホンデ 手荷物預かり」などのキーワードで検索すると、大体この2つが紹介されているのですが…

・ 空港鉄道トラベルセンター (改札内)
・ ラオン(RAON)荷物保管所 (改札外)
この2つ、弘大の地下の構造を知り尽くした在住者からすると、かなり使いにくい場所にあるんです…。なので、日本から来た友人の荷物を預ける際は、この2つは不便なので使いません。
これは、弘大の地下の構造を知っていないとわからない情報。
また、「手荷物を預ける」と言っても、
・地下鉄で(例えば明洞などから)弘大まで荷物を持ってきて預ける場合
・弘大に宿泊していて、最終日にホテルから移動して預ける場合
どちらなのか?によって、どこを使うのが便利かが異なりますよね。
今日は、それぞれの利用シーンごとに便利な預り所を厳選してご紹介します!
(とにかく、場所だけ早く知りたい方は、目次からジャンプしてください)

預り所選びで大事なこと

弘大の荷物預かり所は、値段だけで選ぶのはお勧めしません。

というのが、弘大の地下って、かなり広くて人が多い。つまり、場所を考えないと、重たいスーツケースを持って移動するのがかなり大変なんです。

↓2号線・空港鉄道・京義中央線という3つのラインが利用可能ですが、特に2号線から空港鉄道まではかな〜りの距離を歩きます。

良く紹介されている、ラオン(RAON)、トラベルセンターは2号線から移動したり、弘大でみなさんが良くショッピングする場所からはかなり遠いところにあります。

特に、「ラオン(RAON)が改札の外にある」ということで、おすすめされているのを見るのですが、改札の外からラオンに行こうとすると、7番・6番という弘大のかなりはずれにあって、遠くてわかりにくい入口から行くことになり、旅行者の方には難しいのではないかと。(実際は、7・6番入り口がわかりにくく、結局改札を通っていく方が多いような気がします。)

確かに、この2つの預け所は空港鉄道には近いので、空港鉄道に乗る予定の方が、利用されていることも多いのかもしれません。

ただ、私が友人を案内する場合は、ただでさえ時間がない最終日に「朝、荷物を預けるためだけに空港鉄道付近まで一度スーツケースを持って移動する時間」が、もったいないので、地上にあるところに預けるようにしています。

これはあくまで私が友人を案内する時に大事にしていることですが、

・(ちょっとの値段の違いなら)旅行の貴重の時間を有効に使えるほうを優先
・(特に最終日は)無駄な移動や、人が多いところで体力を消費しないルート
が、結果的に旅の満足度を上げるんじゃないかと思っています。
ただ、Lサイズ以上の荷物を、4時間以上預ける場合は、料金の違いもかなりありますので、値段と場所の両方のバランスを見て決めることをお勧めします!

まずは預け荷物のサイズ確認

預け所を紹介する前に、まず預けたい荷物のサイズを確認しましょう。

預り所の料金はサイズによって異なるのですが、ほとんどがinch(インチ)表記です。

また、S,M,Lなどのサイズはお店によって、何インチなのか?の定義が微妙に異なるため、一番大事なのは、自分のスーツケースのインチ数を把握しておくこと。

手順はこんな感じです。(一度確認しておけば、旅行の際に便利…!)

1)メジャーなどで縦のサイズを測る(㎝)
2)㎝をインチに変換する
➡ ㎝をインチに変換する便利サイト

なお、すでに現地に来ていてメジャーがなくて、サイズがわからない方向けに、宿泊日数から大体の目安も紹介しておきます。

※あくまで目安です。(飛行機の手荷物可能なサイズが大体55㎝:21インチまで)
韓国旅行に来られる方は、大体22~26インチぐらいが一番多いのではないでしょうか。

宿泊数(目安)高さ(㎝)インチ
1〜2泊〜48cm〜18インチ
3〜4泊〜58cm〜22インチ
5~7泊〜67cm〜26インチ
7泊以上68㎝〜27インチ

1)弘大宿泊で最終日に預ける場合

早速、具体的なオススメの手荷物預かり所をご紹介していきます。まず、一番多そうな、弘大に宿泊していて最終日に預ける場合。

この場合は、みなさん地上から移動してくるわけなので、

・地上にあって(わざわざそのためだけに地下に降りなくてよい)
・帰りの空港鉄道の近く
が便利ですよね。それを満たす預け所が、3番出口のすぐ近くにあるこちら…!
Zimfree luggage という預り所。
3番出口と、公園の道を挟んで反対側にあります。
ここ、弘大によく来る方なら、見たことはあるんじゃないでしょうか。
↓外から見ると、ロッカーが少なそうと思うかもしれませんが、こちらお店の人が居る時間なら、このロッカーだけでなく、裏側のお店でも預かってくれるため、「全部使用中」という可能性はほとんどありません。しかも、人が居なくても24時間、ロッカーには預けられます。
値段は、こんな感じで他と比較してもかなり安いです。(ラオンやトラベルセンターよりも安いです。)
Size4時間6時間1day
S(-19インチ)1000W2000W3000W
M(20-23インチ)2000W3000W5000W
L(24-27インチ)4000W6000W6000W
XL(28インチ-)6000W8000W8000W

※2時間沖の追加料金:S・M→1000W、L・XL→2000W
※6時間預ける場合は、事前にお店の人に声を掛けてください。ロッカーではなく、お店のほうで預かってくれ、1day料金になります。

営業時間 24H(お店の人は9:00〜19:00駐在)

私は実は、ここの常連というか、場所が便利すぎてここしか使いません…(笑)
ということで、社長さんとも仲良くなり、なんと今回ブログ読者の方向けに割引をしてくれることになりました!!

ブログ読者特典
「One more Koreaを見た」ということで、このブログの画面を見せると、
通常料金からさらに、1000W割引してくれるそうです!!
(ただでさえ安いのに大丈夫でしょうかw ありがとう!!社長さん!)

↓とっても優しい社長さん。カメラを向けたら緊張した顔になってしまいました(笑)日本のお客さん向けにも告知をしたいということで、頑張っているので、このブログでも応援したいと思います。
ここが便利なのは、やはり帰り利用する空港鉄道に行きやすい、3番出口に近いこと。ここに預けて行けば、帰りもピックアップしてスムーズに空港鉄道に乗れます。
お店の人は日本語ができませんが、機械が日本語対応なので安心。
詳しい利用方法などは、こちらでも紹介しているので、ご利用の際は確認してみてください。
関連記事

こんにちは、Misaです。旅行の際に、弘大(ホンデ)でスーツケースや手荷物を預けたい方向けに、価格も安く、場所的にも便利な位置にあるオススメの手荷物預所、Zimfree Luggageを紹介します。★ポイント・24時間営業で、空港鉄道に[…]

2)地下鉄で移動してきて弘大に預ける場合

次に、例えば明洞や東大門など別のエリアから地下鉄で移動してきて、弘大で荷物を預ける場合。この場合は、

・2号線ホームから行きやすくて近い場所
が便利ですよね。またホームからエレベーターを利用できることも大事。
それを考えると、MAPの右側にあるTluggageという預かり所が、エレベータの近くでもあり便利です!
こちらは、最近新しくできたばかりの預かり所。
2号線のエレベーターから近く、空港鉄道に向かう途中というベストな位置にあります。
料金はこちら↓
Size4時間4-8時間1day
S(-20インチ)3000W5000W6000W
M(20-23インチ)4000W6000W9000W
L(23-27インチ)6000W8000W12000W
XL(27インチ-)8000W10000W15000W
営業時間 9:00〜21:00

地下鉄で移動して来られる方も、4時間以上預ける場合は、サイズによって先ほど先ほどご紹介した、Zimfree luggageとの差が大きくなります。安く済ませたい場合は、Zimfree luggageまで移動して預けるのもおすすめです。

ちなみに、特にLサイズ以上の方で、4時間以上預ける方で仁川空港出発の方は、9997ウォンで荷物を空港に送ってしまうこちらのサービスも便利です。

↓事前にこちらのサイトで予約し、弘大の駅構内の空港鉄道センターで8:00〜11:00の間に預けてしまえば、当日14:00 – 21:30の間に仁川空港で受け取ることができます。

なお、こちら預け所は、改札内と改札外にも受付口があるのが特徴で、改札の中で預けておいて、改札の外から受け取ることも可能です。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
関連記事

こんにちは、Misaです。旅行の際に、弘大(ホンデ)でスーツケースや手荷物で預けたい方向けに、最近、駅の構内に出来た新しい手荷物預かり所、Tluggageを紹介します。★ポイント・地下鉄の構内(改札内)にあり、地下鉄からくる場合に便利[…]

まとめ

ということで、弘大近辺で手荷物を預ける際のポイントと、オススメの預け所を2箇所ご紹介しました。

預け所に関しては、やはり駅近辺の構造を良く知っていないと、便利なお店を選ぶことができないので、弘大を地下構造を把握している在住者視点で、みなさんの旅行の貴重な時間や体力を無駄にしないような情報をお届けしたかったんです。

これを読んで少しでも旅行が快適になったら嬉しいです!是非旅行の際には利用してみてくださいね。

2+
最新情報をチェックしよう!